米子市議会議員 矢田貝かおり

皆さまの声から

  皆さまからの声から。

★ 鳥取県も2018年2月1日から『ヘルプマーク』の配布が始まりました。

身に着けることで支援や配慮の必要性わ周囲に知らせることができる「ヘルプマーク」を
2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて案内用図記号を規定する国内規格(JIS)に
追加登録をするタイミングで、米子市も導入するべきと求めていました。(2016年12月議会)
鳥取県が作成し、県内自治体でも配布させることになりました。

★ 『ヒートショック』について情報発信されています。

 

★『ごみ分別収集カレンダー&健康ガイド・国保ガイド 』が増ページ
一番身近で一年を通じて手元においていただける「ごみカレンダー」は、米子市からの大切な
   お知らせが満載です。2014年7月の初めての議会質問で、地域包括支援センターや認知症の相談
   窓口の紹介を記載をして、認知症の早期発見・早期対応につなげてはと提案したものです。
   2015年4月~のカレンダーは4ページ(1枚)増えて、高齢者対策の一つのかたちになりました。
                                        (2015.3)

★『夜暗くて分かりにくかった縁石に反射材』が付きました。
お一人の声がきっかけで、免許センター前の道路の縁石に反射板が付きました。 (2015.1)


★『認知症簡易自己チェックシステム』が米子市HPにリンク
されます。
認知症の症状かなと思ったら、本人でもご家族でも、気お軽にチェックできるシステム構築をお願い
   していました。 早期発見・早期診断・早期対応で、認知症になっても尊厳ある人生を生きたいと思
    います。
HPにてご利用いただける日は近そうです。                 (2015.3)