米子市議会 安田篤

official web site

子どものための科学教室が開催されます

米子市情報提供 / 2019年7月20日

 
 かがく3地方独立行政法人烏取県産業技術センターが、科学やものづくりのおもしろさを体験し、興味や関心を高めてもらうため、小学5年・6年生を対象に「子どものための科学教室」を開催されます。

ふるってご参加ください。

子どものための科学教室

日時

令和元年8月3日(土曜日) 午前10時から午後3時まで

場所

烏取県産業技術センター機械素材研究所(米子市日下1247番地)

対象

小学5年・6年生

参加費

無料

内容(予定)

  • レーザーってすごい(レーザーによる切断の見学)
  • 鉄を引っ張る時ってどんな音がするの?(金属の引張試験)
  • トンボ型風車の製作(ハサミやフィルムを使って風車を製作)
  • ロボキャッチャー(産業用ロボットえビー玉をキャッチ!?)
  • 虫眼鏡よりすごい?(電子顕微鏡による身近なものの観察)
  • 紙製グライダーの製作(コンピューターで設計した紙型からグライダーを製作)
  • 冷凍実験(花が凍る!バナナで釘が打てる!)
  • 大声選手権(2人で叫べば音も2倍?)

(内容が変わる場合もあります。ご了承ください。

参加申込方法

事前に、参加申込書を担当先までファクシミリまたは持参していただくか、同内容をメール・電話にてご連絡ください。

リンク・新しいウィンドウで開きます 参加申込書・チラシ(子どものための科学教室)PDF 522キロバイト)

申込締切

令和元年8月1日(木曜日)まで

このイベントについてのお申し込み・お問い合わせ先(担当先)

地方独立行政法人烏取県産業技術センター機械素材研究所
郵便番号689-3522 米子市日下1247番地
電話:(0859)37-1811
ファクシミリ:(0859)37-1823
Eメール:tiitkikaisozai@tiit.or.jp

米子城天守之大掃除「盛夏」を開催します

米子市情報提供 / 2019年7月20日

 

米子城跡ライトアップ2019夏の陣を8月7日(水曜日)から25日(日曜日)に行ないます。
天守石垣が夏の夜空に綺麗に浮かびあがるようにと、天守付近のボランティア除草を行ないます。市民の皆さんのたくさんのご参加をお待ちしています!

※参加申込不要。少雨決行

とき

令和元年7月20日(土曜日) 午前7時30分から10時30分まで

集合場所

午前7時20分までに湊山公園艇庫側登山道入口に集合してください。
リンク・新しいウィンドウで開きます … 集合場所地図(Googleマップ)

持ち物

各自、軍手、草刈機、草刈カマなど道具をご持参ください。
また除草作業など軽作業ができる服装でお越しください。
暑い時期ですので各自で飲み物をご持参いただき、水分補給等には十分ご注意ください。

がいな祭期間中のだんだんバスの運行(令和元年)

地域イベント 米子市情報提供 / 2019年7月19日

 

第46回米子がいな祭の開催期間中の米子市循環バス「だんだんバス」の運行についてお知らせします。

日時

令和元年7月27日(土曜日)・28日(日曜日)の2日間

運行ダイヤ

両日とも、米子駅発9時から18時まで、30分間隔で運行します。(通常の土曜日・日曜日と同じ)

祭りの期間中は道路渋滞が予想されます。時間どおりの運行が困難になると思われますが、ご了承ください。

乗車料金

両日とも、終日無料になります。

※淀江町巡回バス「どんぐりコロコロ」や、通常の路線バスは無料となりませんのでご注意ください。

運行ルート

駅前通りの交通規制のため、運行ルートが変更となります。

変更後の運行ルートと臨時停留所は、地図「だんだんバス経路変更のお知らせ」でご確認ください。

地図

だんだんバスのがいな祭期間中における迂回ルート図

お問い合わせ

  • 交通政策課  電話:(0859)23-5274
  • 日本交通株式会社  電話:(0859)33-9116
  • 日ノ丸自動車株式会社  電話:(0859)32-2123

幼児教育・保育の無償化・・米子市のHPで確認を!!

米子市情報提供 / 2019年7月18日

 

幼児教育・保育の無償化

えがお

無償化の概要

生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性や、子育てや教育にかかる費用負担の軽減を図る少子化対策の観点などから、3歳~5歳(小学校就学前まで)の子ども、および、市民税非課税世帯の0歳から2歳の子どもを対象に、幼児教育・保育の無償化を実施します。

【参考】
リンク・新しいウィンドウで開きます … 幼児教育・保育の無償化(内閣府ホームページ)

対象者・対象範囲は…

幼児教育・保育の無償化は、対象となる園児や上限額などの対象範囲が決められています。利用している施設およびサービスが無償化の対象となるかご確認ください。

クラス 生年月日
クラス年齢確認表
0歳児クラス
(市民税非課税世帯のみ)
平成30年4月2日から
1歳児クラス
(市民税非課税世帯のみ)
平成29年4月2日
から平成30年4月1日生まれ
2歳児(満3歳児)クラス
(市民税非課税世帯のみ)
平成28年4月2日
から平成29年4月1日生まれ
3歳児クラス(年少) 平成27年4月2日
から平成28年4月1日生まれ
4歳児クラス(年中) 平成26年4月2日
から平成27年4月1日生まれ
5歳児クラス(年長) 平成25年4月2日
から平成26年4月1日生まれ
  • 私学助成幼稚園、幼稚園、認定こども園の預かり保育、認可外保育施設等をご利用のかたは、認定の申請が必要です。(施設を通じて案内予定)
  • 保育所、認定こども園(保育時間)、小規模保育事業所、事業所内保育事業所等をご利用のかたは、手続き不要です。

熱中症警戒週間が発表されました

米子市情報提供 / 2019年7月17日

summer_necchusyou_yobou鳥取県内全域に、令和元年第1回目の熱中症警戒週間が発表されています。
今後当分の間、予想最高気温が30℃を超える日々が続く予想がされています。
熱中症に十分警戒し、暑い夏を、工夫して賢く乗り切りましょう。

警戒期間

令和元年7月13日(土曜日)から19日(金曜日)

発表基準

鳥取地方気象台が発表する向こう1週間の県内の予想最高気温が30℃を超える日が5日以上予測される場合

参考

リンク・新しいウィンドウで開きます … 熱中症警戒週間発表(鳥取県ホームページ)

リンク・新しいウィンドウで開きます … 鳥取県熱中症警戒週間の発表について(鳥取県ホームページ)

リンク … 熱中症に注意しましょう!

5106930

夏の交通安全県民運動が実施中です(令和元年7月)

米子市情報提供 / 2019年7月15日

スローガン:つくろうよ 事故なし 笑顔の鳥取県

令和元年7月11日(木曜日)から20日(土曜日)までの10日間、夏の交通安全県民運動が実施されます。

運動の重点

  1. 高齢者、子ども及び障がい者の交通事故防止
  2. 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  3. 自転車の安全利用の推進
  4. 飲酒運転の根絶

この時期は、行楽や帰省等による交通量の増加、子どもの屋外活動の活発化、また、開放感や暑さからの疲労等による漫然運転での交通事故の多発が懸念されます。
運動期間中は、交通安全の関係者が市内各所で運動を展開します。皆さん、交通ルールを守るとともに正しい交通マナーを実践しましょう!

  

夏の交通安全県民運動推進式を実施しました。

運動初日の7月11日(木曜日)に、米子市文化ホールで推進式を実施しました。

今回の式では「わかば園」の園児の皆さんの元気な歌声を披露していただきました。
また、引き続いて、米子駅前周辺で交通安全の街頭広報を行ないました。

今後の予定

今後の取組みについては、次のとおり予定しています。

  • 7月12日(金曜日)に自転車利用者マナーアップ広報
  • 7月13日(土曜日)にドライバー広報
  • 7月19日(金曜日)に飲酒運転根絶広報

推進式 
推進式  

米子市地域おこし協力隊を募集します(令和元年7月)

米子市情報提供 / 2019年7月14日

よなご米子市では観光振興を一層推進するため、総務省の制度を活用して、地域おこし協力隊を次のとおり募集します。

業務内容

(1)インバウンド振興に関すること

  1. にぎわいづくりの推進
    米子市の周辺エリア(米子市以外の市町村等)等と連携し、米子市を中心としたにぎわいづくりを推進する。
  2. ナイトタイムエコノミーの推進
    民間団体等と協調しながら、米子市の夜間の経済活性化を中心としたにぎわい創出を推進する。
  3. インバウンド誘客の推進
    本市を訪れる外国人観光客の実態を把握し、効果的な施策を展開していくため、観光マーケティング等に取り組み、インバウンド戦略を立案する。

(2)皆生温泉の活性化に関すること

  1. 皆生温泉地内におけるインバウンド誘致の推進
    皆生温泉旅館組合等との連携を図り、増加傾向をたどる外国人観光客を域内に誘引し、皆生温泉地内の旅館・ホテル等への宿泊者増や消費単価の上昇に繋げることをめざした取り組みを推進する。
  2. 「皆生温泉まちづくりビジョン」(注1)の具現化に向けた取り組み

(注1)皆生温泉まちづくりビジョンについて…
皆生温泉の若手旅館経営者らでつくる「皆生温泉まちづくり会議」が策定した「海遊リゾート・皆生温泉」をコンセプトとする同温泉の振興策(平成31年3月策定)
ビジョンの詳細は次のリンクからご確認ください。

リンク・新しいウィンドウで開きます … 皆生温泉まちづくりビジョン

※「(1)インバウンド振興に関すること」および「(2)皆生温泉の活性化に関すること」の1については、一般社団法人山陰インバウンド機構(広域連携DMO。以下「山陰インバウンド機構」という。)と連携して取り組む。

採用条件

応募条件

  • 地域になじみ、心身ともに健康で、地域住民と協力しながら地域活動に取り組めるかた
  • 三大都市圏をはじめとする都市地域等から、着任後、米子市に住所を移し居住できるかた
  • 年齢が、満20歳以上概ね40歳まで(注2)のかた
    (注2)…地域おこし協力隊としての任期満了後も地域に残り、隊員任期中の活動等で得られた成果を基にして、観光施策を立案・実施する等、長期にわたって本市の活性化に係る取り組みに努めていただくことを採用の方針としているため。
  • 普通自動車免許を有するかた(AT限定可)
  • パソコン等でホームページ作業・ワード・エクセル・メール等の基本操作ができるかた

募集人数

1人

任用形態

  • 給与:月166,600円 
    ※給与とは別途、山陰インバウンド機構と連携して取り組む「(1)インバウンド振興に関すること」および「(2)皆生温泉の活性化に関すること」の1の業務については、業務内容に応じて山陰インバウンド機構から一定の費用をお支払いします。(55,000円/月を上限とする。)
  • ※産休・育休等長期休業により業務遂行できない場合は無給となります。
  • 勤務時間:週30時間(土日・祝日出勤の可能性あり)
    ※勤務時間は、山陰インバウンド機構と連携して取り組む業務の進捗等次第で超過する場合があります。
  • 勤務地:鳥取県米子市
  • 身分:米子市から米子市地域おこし協力隊として委嘱(雇用関係なし)
  • 任期:令和元年9月上旬(日にちは応相談)から令和2年3月31日まで(予定) 
             以降年度ごとに更新の場合あり、最長で令和4年3月まで 
           ※制度改正があった場合には、それによる。

待遇・福利厚生

  • 社会保険(健康保険、厚生年金)、雇用保険等に加入しない。(国民健康保険料、国民年金等は協力隊員の自己負担となる)
  • 家賃補助あり
  • 生活必需品・光熱水費などの経費は自己負担となる

応募・選考

必要書類

応募にあたり次の3点(様式任意)を、問合せ先まで送付すること。
なお、その際、必要書類を封入した封書に「米子市地域おこし協力隊応募」と朱書きすること。

  • 履歴書
  • 志望動機
  • 米子市の観光についての企画提案書
    (テーマ:米子市地域おこし協力隊になる上での自己PRおよびやってみたい仕事)

申込受付期間

  • 令和元年7月12日(金曜日)から同月31日(水曜日)まで
  • 応募書類は令和元7月31日(水曜日)午後5時必着
  • Eメールでも受け付け可。その場合、Eメール表題に「米子市地域おこし協力隊応募」と記し、問合せ先まで電話連絡をすること

審査方法

  • 一次選考(書類選考):
    提出書類による選考を行なう。審査結果は応募者全員に文書で後日通知する。
  • 二次選考(面接):
    一次選考の合格者を対象に米子市役所(予定)で面接審査を実施する。なお、面接に係る交通費等は応募者の自己負担とする。日時等詳細は、一次選考の結果通知時にお知らせする。

※選考内容については回答不可。 
※人数が規定に達しない場合は、追加募集をかける場合があります。

問合せ先

郵便番号683-8686  鳥取県米子市東町161-2 
米子市 観光課 
電話:(0859)23-5213
ファクシミリ:(0859)23-5598 
Eメール:kanko@city.yonago.lg.jp 
(送付はメール可。ただし、データ量が5メガバイトを超える場合は要相談。)

参考

地域おこし協力隊ってなに?

「ゼロから自分の力を試してみたい」「都会を離れ、自然豊かな地方で生活したい」「地域と繋がった生活がしたい」…今、都市圏に住む人たちが、地方というフィールドに注目しています。

地域おこし協力隊とは、そんな人たちの想いを実現する取り組みです。 
地方自治体が都市住民を受け入れ、様々な地域活動に従事してもらうことで、都市在住の方々は自己実現に、地方は都会からの目線やアイデアを活用した地域おこしや定住促進に取り組みます。

地域おこし協力隊制度については、次のリンクをご確認ください。
リンク・新しいウィンドウで開きます … 地域おこし協力隊(総務省ホームページ)

米子市ってどんなところ??

  • 鳥取県の西側、山陰のほぼ中央に位置する米子市。東には「伯耆(ほうき)富士」とも呼ばれる秀峰「大山(だいせん)」、北には日本海と「海から湧くお湯『皆生(かいけ)温泉』」など、豊かな自然に囲まれたまちです。
  • 紀元前からの歴史を持ち、弥生時代の大規模集落跡や古墳時代の遺跡も数多く発見されています。江戸時代には城下町として繁栄し、その城下町に住む商人によって「商都米子」の礎が築かれました。
  • 現在では、高速道路や鉄道、さらには空路・海路の要衝として「山陰の玄関口」の顔も持っています。

くわしくは次のリンクをご確認ください。

リンク … 米子市のあらまし

鳥取県西部圏域とは??

鳥取県西部の、米子市、境港市、大山町、南部町、伯耆町、江府町、日野町、日南町、日吉津村の2市6町1村からなる地域です。
米子市を含むこの鳥取県西部は、中国地方最高峰「大山」のふもとに位置しています。

米子駅前地下駐車場は8月1日から営業を再開します

米子市情報提供 / 2019年7月13日

けいじどうしゃ米子駅前地下駐車場は、改修工事のため、平成30年11月から営業を休止していますが、令和元年8月1日から営業を再開します。

米子駅周辺にお越しの際に、ぜひご利用ください。

改修工事の内容

米子駅前地下駐車場内の老朽化した機械式駐車設備(いわゆる立体式パズルパーキング)を撤去し、全面自走式の駐車場に改修しました。
この改修により、幅・高さともゆとりのある駐車区画となり、より安全で利用しやすい駐車場になりました。

米子駅前地下駐車場のご利用案内

 営業時間

午前5時から翌日午前0時まで(5時から24時まで)
(午前0時から5時までは入場・出場できません。(停めておくことはできます。)なお、午前0時から5時までの料金は無料です。)

駐車料金

駐車時間:午前5時から8時まで

駐車料金の額:1時間につき100円

駐車時間:午前8時から午後6時まで

駐車料金の額:30分につき100円

駐車時間:午後6時から翌日午前0時まで

駐車料金の額:1時間につき100円

※入場から30分以内は無料です。
※24時間ごとの上限は、1,500円です。

高さ制限

2.1メートル以内

収容台数

102台

ご利用のお問い合わせ

米子駅前地下駐車場管理室
電話:(0859)31-2022

米子の夏の風物詩、土曜夜市が一夜限定で復活します

地域イベント / 2019年7月12日

 
米子の夏の風物詩、土曜夜市が一夜限定で復活します!

令和元年7月20日(土曜日)に「復活・一夜限りの土曜夜市」が開催されます。
懐かしさと新しさを融合させて、当時の商店街を知る人も、そして夜市を知らない若い世代にも夏の夜の楽しい思い出となるようなイベントが地域の熱い想いにより一夜限りの復活をします。
全盛期にイベントを創っていたベテラン組の話を元に、若手が現代風にアレンジしています。
土曜夜市の象徴であった氷柱の復活やインスタ映えを意識した会場づくりにも力を入れています。
a

とき

令和元年7月20日(土曜日)午後3時から10時まで

ところ

元町通り商店街から法勝寺通り商店街

主催

復活!土曜夜市実行委員会

協力

元町通り商店街振興組合

イベントのみどころ

  • 元町通りは屋台通りへ、様々な屋台が通りに並びます!
  • 淀江和傘のライトアップ(法勝寺通り)
  • 協賛企業の氷柱ライトアップ(パティオ広場)
  • 10メートル?!ちびっこ巨大巻寿司チャレンジ!(ダラズFM)
  • 湊山中学校 吹奏楽部の演奏会(パティオ広場)
  • 市長VSちびっこじゃんけん大会!(パティオ広場)
  • 浴衣コンテスト(まちなか拠点)

復活!土曜夜市 関連リンク

リンク・新しいウィンドウで開きます … 元町サンロードホームページ

リンク・新しいウィンドウで開きます … 元町通り商店街振興組合Facebookページ 

リンク・新しいウィンドウで開きます … 元町サンロードInstagram

お問い合わせ先

元町通り商店街振興組合
電話:(0859)22-3634(遠藤全快堂薬局)
Eメール:motomachisunroad@gmail.com
リンク・新しいウィンドウで開きます … 元町通り商店街振興組合Facebookページ

だんじょ5

第39回全日本トライアスロン皆生大会…7月14日開催!

地域イベント 米子市 / 2019年7月11日

誇りと感謝を込めたチャレンジの日

皆生トライアスロン

39回目の開催となった全日本トライアスロン皆生大会。
今年も選手とボランティアの熱い1日が始まります。
日本トライアスロン発祥の地「皆生」に、昨年同様全国から個人の部940人、団体の部60組の鉄人たちが集います。
トライアスロンとは、スイム3キロ、バイク140キロ、ラン42.195キロの過酷なレースです。
午前7時に皆生海岸をスタートし、大山の裾野を疾走する大自然のジェットコースターのようなバイクコース。ランでは白砂青松の弓ヶ浜半島を駆け抜け、ゴールのどらドラパーク米子東山陸上競技場をめざします。

大会は、たくさんの温かいボランティアの皆さんに支えられ、選手は沿道の声援に勇気づけられながらひたむきにゴールをめざします。
多くの市民の皆さんの暖かいご声援をお願いします。

皆生トライアスロンバイク 皆生トライアスロン風景

第39回全日本トライアスロン皆生大会

開催日:令和元年7月14日(日曜日

お願い

大会当日、ゴール付近では駐車場不足が予想されます。
東山陸上競技場にお越しの場合は、できるだけ公共交通機関をお使いください。
(JR山陰本線「東山公園駅」が最寄り駅です。)

リンク(新しいウィンドウで開きます) … 皆生トライアスロン

お問い合わせ先

皆生トライアスロン協会
電話:(0859)34-2819

第39回全日本トライアスロン皆生大会はスポーツ振興くじ助成を受けています。 

totoロゴ
リンク・新しいウィンドウで開きます … 独立行政法人日本スポーツ振興センター