米子市議会 安田篤

official web site

よなごびと第11回「亀井 智子さん(復活!土曜夜市実行委員長(Grow Spot代表))」

地域イベント 米子市情報提供 / 2019年10月25日

 

”めざすは、米子の「竹下通り」!
商店街を「楽しい」が生まれる場所に”

亀井さんバストアップ画像

今年の7月に実施された「復活!土曜夜市」。その実行委員長を務めた亀井さんは、実は元町通りに店舗を構え一年余りの、新人商店主。商店街のにぎわいを取り戻すべく、日々奮闘しています。

 土曜夜市の様子「商店街をただの通り道にしていてはもったいない!」という強い思いはあれど、なかなか特効薬は存在しないのが実情。そんな折、頭をよぎったのが、土曜夜市のことだったそう。

土曜夜市とは、この米子で1951年から全国に先駆けて始まり、多くの活気を生み出した「商都米子」の象徴。
今ではその姿を消して久しいですが、亀井さんは、商店街に「楽しい」があふれていた記憶を共感に変え、商店街に関わる人とその熱量を増やすため、復活を決意しました。

  土曜夜市に関わる人々夜市の当日は、大変なにぎわい。大人たちは目を細めて往時を懐かしみ、土曜夜市を知らない若い世代も未知の体験に目を輝かせていました。

「夜市復活に共感した大勢の方が助けてくれた。商店街には多くの担い手が存在する」。取り組みに手応えを感じた亀井さんは、商店街活性に向けた次なる一手を計画中です。

「夢は、東京の竹下通りのような、若者が集う商店街にすること。まずは、用が無くても店を覗いてほしい」。大きな野望を大胆に語りながらも、口元には商店街愛をにじませます。

 

関連リンク

リンク・新しいウィンドウで開きます米子元町通り商店街ホームページ

『鉄人と野人 トライアスロン発祥の地全緑プロジェクト』クラウドファンディング目標金額を達成しました

米子市情報提供 / 2019年10月25日

 

クラウドファンディング達成報告

「鉄人と野人  トライアスロンの発祥の地全緑プロジェクト実行委員会」では、遊休農地で栽培した芝で芝生広場を整備したいという主旨で「鉄人と野人 トライアスロン発祥の全緑プロジェクト」クラウドファンディングを実施し、寄付をお願いしておりましたが、個人・団体企業合わせて453人、クラウドファンディング総支援額13,145,000円のご支援により達成することができました。
ご支援、ご協力いただきました皆様に心から御礼申し上げます。

今後は、皆生プレイパークの高品質芝生化と芝生管理省力化の実現に向けて、整備を進めてまいります。
なお、同実行委員会では、Readyforにおけるクラウドファンディングは終了しましたが、「皆生プレイパークの利便施設充実」「境港公共マリーナ広場の芝生管理省力化」をめざして、本年12月末まで個人支援・企業協賛(ネームプレート)を引き続き募集される予定です。

今後のプロジェクトスケジュール

令和元年12月下旬までに:皆生プレイパークの芝生張替など施工実施
令和2年7月下旬までに:プロジェクト記念オブジェ完成

※その他返礼品に応じて返礼品を順次発送予定

お問い合わせ先

鉄人と野人  トライアスロンの発祥の地全緑プロジェクト実行委員会
住所:米子市安倍1-1 チュウブYAJINスタジアム
電話:(0859)24-8023

市役所本庁舎東側スロープ屋根等新築工事を実施します

米子市情報提供 / 2019年10月23日

米子市役所では、ハートフル駐車場(身体障がい者等用駐車場)を利用されるかたの利便性向上を図るため、令和元年10月下旬から、本庁舎東側スロープおよびハートフル駐車場に屋根を設置する工事を行ないます。

本工事により、工事期間中はハートフル駐車場の一部が2か月程度使用できなくなります。
市役所をご利用の皆さんには、大変ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

工事期間

令和元年10月21日(月曜日)から12月23日(月曜日)まで
※工事の進捗状況によっては、終了期日が変更になる場合があります。

工事範囲

次の図のとおり
(市役所本庁舎東側(有料駐車場側)のハートフル駐車場など)

※次の画像をクリックすると、PDFファイル(170キロバイト)が別ウインドウ・タブで開きます。
本庁舎東側スロープ屋根等工事範囲

地ビールフェスタin米子(令和元年10月25日・26日開催)

米子市情報提供 / 2019年10月22日

 

「地ビールフェスタ in 米子」10月25日(金曜日)・26日(土曜日)に開催されます

10月のテーマは、 『ハロウィン』で、「つながるマルシェ」とのコラボのため土曜日も開催となっています!
仮装コンテストあり、お子さんへのお菓子のプレゼントあり、出店者・スタッフは仮装で接客と、「ハロウィンならでは」がいっぱいです。仮装をして地ビールフェスタへお越しください。

今月も、大山山麓と日野川流域の自慢の美味しい恵みが集合する「つながるマルシェ」とのコラボです!
鳥取県西部9市町村自慢の朝どれ新鮮野菜や農水産加工品、新米、注目スイーツも登場します!
商品の当たるクイズ大会や楽しいステージ、郷土芸能、ゆるキャラの登場などがあります。大人も子どももみんな楽しめるイベントとなっています。

大人気の大山Gビールをはじめ、475ビール(ヨナゴビール)、石見麦酒も引き続き出店、その他県内外のクラフトビールが集結します。

とき

令和元年10月25日(金曜日) 午後 3時から午後9時まで
令和元年10月26日(土曜日) 午前10時から午後9時まで

ところ

える・もーる一番街、ひまわり駐車場(やよいデパート跡地)

内容

  • 県内外からクラフトビールが集結します。
  • 地元大山Gビール、475ビール(ヨナゴビール)が出店されます。
  • ドリンク、フードとも、全て共通チケットでのお支払いになります。商品によっては、チケットが複数枚必要な場合があります。
  • 地元産品を使った、料理のお店やフードカーが出店されます。

主催

角盤町商店街振興組合

お問い合わせ先

角盤町商店街振興組合 (ジョイアーバン内)地ビールフェスタ in 米子 係
米子市角盤町一丁目27-6  アルファビル4階
電話:(0859)34-7013
リンク・新しいウィンドウで開きます … 地ビールフェスタ in 米子 公式ホームページ
Facebookページもあります。 リンク・新しいウィンドウで開きます … 地ビールフェスタ in 米子

協力

  • 角盤町エリア活性化プロジェクト (構成:米子市、鳥取県西部総合事務所、米子商工会議所、角盤町商店街振興組合、株式会社アバロン、米子市公会堂、米子第一交通株式会社、中心市街地活性化協議会)
  • 鳥取県西部地域活性化協会
  • 鳥取県
  • 米子市観光協会
  • 大山ブランド会

前売券

2,000円(500円×5枚つづり)
※前売券なら500円もお得です!

有効期限

3か月です。
前売券に有効期限が記載されていますので、ご確認ください。 

取扱場所

角盤町商店街振興組合、米子髙島屋、でいとす 角盤店、ホテル カクバン、ブックヤード・チャプター3&COMO、カフェ レクラン、鬼将軍、沖村ペンション、AKARI BREWING、松江ビアへるんで取り扱っています。

令和元年台風19号災害義援金を受け付けます

米子市情報提供 / 2019年10月22日

さいがい4令和元年台風19号に伴う災害で被害に遭われた皆様に、心からお見舞いを申し上げます。

この災害で被災された方々の支援のため、米子市では義援金の受付を行ないます。
皆さんの温かい心をお待ちしています。

令和元年台風19号災害義援金

受付期間

令和元年10月18日(金曜日)から12月27日(金曜日)まで
(土曜・日曜日・祝日を除きます。)

受付時間

午前8時30分から午後5時まで

受付窓口

  • 米子市役所本庁舎1階 総合案内
  • 淀江支所1階 地域生活課

なお、受付は現金のみとさせていただきます。
お寄せいただいた義援金は、日本赤十字社を通じて、被災地に送金されます。

お問い合わせ先

防災安全課
電話:(0859)23-5339
Eメール:bousai@city.yonago.lg.jp

日本赤十字社への義援金

リンク(新しいウィンドウ・タブが開きます) … 義援金・救援金募集(日本赤十字社ウェブサイト)

赤い羽根共同募金 義援金

リンク(新しいウィンドウ・タブが開きます) … 義援金(赤い羽根共同募金ウェブサイト)

特定空家等に対する略式代執行の実施について(令和元年10月24日)

米子市情報提供 / 2019年10月17日

車尾地内に所在する特定空家等について、そのまま放置すれば倒壊等の危険性が高まっていることから、空家等対策の推進に関する特別措置法第14条第10項の規定に基づき、略式代執行を実施します。

特定空家等の所在等

所在地:米子市車尾一丁目788番地51
家屋番号:789番の5
用途:居宅
構造:木造瓦葺2階建
規模:45.44平方メートル

執行予定日

令和元年10月24日(木曜日)午前10時から

代執行の内容

敷地内の家屋番号789番の5の建築物の除却

経過

当該特定空家等は、建物の柱、梁等にひび割れが生じ、腐朽も進行しているため、そのまま放置すれば前面の市道側に倒壊し、著しく保安上危険となるおそれのある状態となっています。
調査の結果、相続人の一人が行方不明であり、措置を命ぜられるべき相続人の一部を確知することができない場合には、空家等対策の推進に関する特別措置法第14条第10項に基づく略式代執行が可能であるため、令和元年5月17日付けで、公告を行ないました。
しかし、期限までに必要な措置が履行されなかったため、今回略式代執行により除却を行なうものです。

その他

略式代執行に要する費用については、市が一旦全額負担した後に、確知している相続人へ請求します。

現況写真

LGBT(性的マイノリティ)啓発ポスターデザインの募集期間を延長します  

未分類 米子市情報提供 / 2019年10月11日

LGBT(性的マイノリティ)啓発ポスターのデザイン募集について、より多くのみなさんに参加していただくために募集期間を延長します!

募集期間

   令和2年1月15日(水曜日)まで

※次の画像(レインボーフラッグ)をクリックすると、変更後の募集要項のPDFファイル(555キロバイト)が別ウインドウ・タブで開きます。

虹
レインボーフラッグは“人間の多様性を守る”という意味をこめて、デザインされました。 

米子市公共交通ビジョンを策定しました

米子市情報提供 / 2019年10月7日

バス米子市では、公共交通の利便性向上を重点課題に位置づけて取り組みを進めていることから、今後の交通政策における取り組みの方向性を示し、効果的かつ計画的な交通政策の推進をめざすため、「米子市公共交通ビジョン」を策定しました。
 

基本理念

「公共交通を活かした 住んで楽しいまち よなご」

基本方針

  • 基本方針1:まちづくりを支える公共交通
  • 基本方針2:くらしを支える公共交通
  • 基本方針3:使いやすく分かりやすい公共交通

推進施策の柱

  1. 鉄道を活用した公共交通体系の整備
  2. まちづくりと連動した公共交通対策
  3. 広域連携による公共交通の活性化
  4. 路線の維持・確保
  5. 待合環境の改善
  6. 乗継による移動利便性の向上
  7. サービス水準の向上
  8. 公共交通利用者に分かりやすい情報提供

ビジョンの期間

2019年から2028年

ビジョン

リンク・新しいウィンドウで開きます 米子市公共交通ビジョン (PDFファイル 4.72メガバイト)

リンク・新しいウィンドウで開きます 米子市公共交通ビジョン【概要】 (PDFファイル 1.19メガバイト)

米子駅南北自由通路の外観デザインを決定しました

米子市情報提供 / 2019年10月4日

自由通路のデザイン案について、令和元年6月6日に開催された米子市景観審議会および令和元年8月10日から9月9日の期間に実施したパブリックコメントでの意見を参考に決定し、自由通路の詳細設計を進めることにしました。

今年度中に内装なども含めた最終デザインを決定し、皆さんにお示しする予定です。
なお、パブリックコメントでお寄せいただいたご意見については、内容ごとに整理して市の考え方を後日公表します。

自由通路のデザイン概要

デザイン案

次の画像をクリックすると、大きなサイズで画像が表示されます。

駅北側

自由通路デザイン北側外観 自由通路デザイン北側鳥瞰

駅南側

自由通路デザイン南側外観 自由通路デザイン南側鳥瞰

デザインテーマ

商都

デザインコンセプト

豊かな自然にはぐくまれた文化を象徴する駅

空き家利活用シンポジウムを開催します(令和元年10月25日)

米子市情報提供 / 2019年10月4日

 


空き家利活用シンポジウムを開催します。

リンク・新しいウィンドウで開きます 空き家利活用シンポジウム案内チラシPDFファイル 1.12メガバイト)

とき・ところ

とき:令和元年10月25日(金曜日) 午後3時から5時(受付開始:午後2時30分)
ところ:野村證券米子支店 4階大ホール(米子市角盤町1-27-13)

参加費

無料
※交流会に参加される際は、3,000円の参加費が必要です。

プログラム

開場・受付(午後2時30分)

開会・挨拶(午後3時)

基調講演「空き店舗・未利用空間を活用した地域づくり」
―リノベーションによるまちづくり―(午後3時10分)

講師:塩田 大成 さん(株式会社ビルスタジオ 代表取締役社長)

パネルディスカッション「現在進行形!空き店舗を活かした地域再生」
―米子市中心市街地で今起こっていること―(午後4時10分)

アドバイザー:塩田 大成 さん(株式会社ビルスタジオ 代表取締役社長)
パネリスト:
森 紳二郎 さん(株式会社米子髙島屋 代表取締役社長)
宇田川 正樹 さん(株式会社ジョイアーバン 代表取締役社長)
山根 淳史 さん(米子商工会議所 専務理事)
ファシリテーター:大塚 寿史 さん(米子市観光協会 専務理事)

閉会(午後5時)

 交流会午後5時15分

参加費:3,000円(当日集金)

出演者情報

基調講演

塩田 大成  さん

株式会社ビルスタジオ 代表取締役社長


1976年栃木県宇都宮市生まれ。東京都立大学工学研究科建築学専攻修了。セントラル・セント・マーチンズ美術大学院(ロンドン)にて美術修士号取得。
栃木県宇都宮市もみじ通りで、 不動産・建築設計・地域プロデュース・グラフィックデザイン等、 「空間/場所づくり」を行なう。シャッター街だったもみじ通りでは、出店・新規開業の相談から 大家との物件交渉までを行ない、個性的な界隈を創出する。
栃木県初のシェアハウス「KAMAGAWA LIVING」、観光商品をトリガーとした地域価値創造プロジェクト「OHYA UNDERGROUND」などをプロデュース。

参加申込方法

次の申込先に、電話・ファクシミリ・メールにて、参加者の氏名・所属・連絡先・交流会の参加有無をお伝えください。 

お申し込み・お問い合わせ先

米子市  住宅政策課  住宅政策担当
電話:(0859)23-5288
ファクシミリ:(0859)23-5396
Eメール:jutakuseisaku@city.yonago.lg.jp