米子市議会 安田篤

official web site

スプレー缶やカセットボンベは中身を使い切って穴開けをお願いします・・・米子市

米子市情報提供 / 2019年2月18日

 

スプレー缶、カセットボンベのイメージ

平成30年12月に札幌市でスプレー缶の誤った処理による爆発事故がありました。
改めて米子市のスプレー缶、カセットボンベの処分方法についてお知らせします。

スプレー缶、カセットボンベの中身は必ず使い切り、穴開けをお願いします

スプレー缶等を不燃ごみで出す際は次の点に気をつけて、安全に処理してください。

出す時の注意

  1. 中身を必ず使い切ってください。
  2. 中身のないことを確認してください。
    スプレー缶は、中身が残っていると振ったときに「シャカシャカ」「チャプチャプ」と音がします。
  3. 中身を必ず出し切ってください。
    スプレー缶にはガスを出し切るための『ガス抜きキャップ』が装着されています。
    風下に向けて、新聞紙などに吹き付けるなどして周囲への飛散にご配慮ください。
  4. 火気のない風通しのよい屋外で穴をゆっくりと開けてください。

穴を開けてください

中身を出し切るために『ガス抜きキャップ』を利用しましょう!

現在販売されているほとんどのスプレー缶、エアゾール缶には『ガス抜きキャップ』が装着されています。
『ガス抜きキャップ』を使うと、中身を完全に出し切ることができます。缶に記載されている注意事項をよく読み、有効に活用してください。
また、『ガス抜きキャップ』を活用する際にも、必ず、火気のない風通しのよい屋外で処理してください