横須賀に元気を取り戻す!

市政を動かす確かな力!

 

☆めざします! 私の「横須賀創生ビジョン」

 

1)国際性豊かな人材を育成します!

  • 市立小中高校を国連の提唱する「ユネスコスクール」への加盟を促進し、世界的な視野を持ったグローバル人材の育成を図ります。
  • 2020東京五輪後を見据え、トップアスリートの育成拠点である「ナショナルトレーニングセンター」の誘致を進め、スポーツの力で横須賀を活性化します。
  •  子どもたちの学力向上と放課後の居場所づくりとして、学校図書館の活性化に取り組みます。

 

2)「日本一の健康長寿社会」を実現します!

  • 生涯現役社会の実現へフレイル(虚弱)予防事業に積極的に取り組みます。
  • 認知症への初期集中支援チームの拡充や、ひきこもり対策に全力で取り組みます。
  • 飲み残しの薬を有効活用するため、横須賀市薬剤師会が進める「ネイビーバック」(残薬の回収袋)の普及促進を積極的に推進します。
  • 生活習慣病の予防対策として「ビッグデータ」を活用した、効果的な健康保健指導を実施するための「データヘルス」を推進します!
  • 誰もが安心して住み慣れた地域で暮らすことができるよう、医療・介護・生活支援などを一体的にサポートできる「地域包括支援システム」を構築します!

 

3)新たな産業の育成と雇用の拡大を図ります!

  • 観光産業の育成するため、「観光客100万人プロジェクト」を推進します。
  • 横須賀リサーチパーク・海洋研究開発機構など最先端の研究開発機関と連携し「スマートモビリティ」などの新たな産業創出へ戦略的な取り組みを進めます。
  • 横須賀ゆかりの「按針と家康」をテーマに、NHK大河ドラマ化を推進します!
  • うわまち病院の移転が決定し、地盤沈下が懸念される上町地区の地域振興を図るため、地域住民・学識経験者・行政などが参加した「上町地区活性化協議会」を立ち上げ(仮称)『うわまち復活アクションプラン』の策定を支援します。

 

4)市役所改革 ~ 市民に役に立つ所にたるために

  • 最先端のICT技術(RPA)等を導入し、職員の働き方改革を進めるとともに、業務効率化による市役所の生産性革命を進め、市民サービスの質の向上を図ります。
  • 市役所の職員は地域社会を支えるキーマンとの自覚のもと、町内会や地域活動に貢献できる職員の育成に取り組みます。

 

外部リンク
Twitter
サイト管理者
横須賀市 板橋衛
mamoru-itabashi@yokosuka-city-council.jp