Archive for 2018年 12月

 今日は、石山議員、本石議員とともに、街頭市政報告会を市内3か所で実施いたしました。私は不入斗橋交差点で横須賀市議会の議会改革の取り組みについて報告させて頂きました。
 
 地方創生が叫ばれる今、地方議会には幅広い住民のニーズをくみ取り、課題を発掘する能力と同時に、その課題を解決するための政策立案能力と実現力が今まで以上に求められています。
 そのためには、専門的知見が必要不可欠となります。私が議長在任中の2016年(平成28)3月に横須賀市議会は関東学院大学と包括的パートナーシップ協定を締結。さらに議会全体で政策課題に取り組む新たな組織として『政策検討会議』を設置し、「ごみ屋敷条例」や「がん克服条例」など、市民生活に密着した2つの政策条例を議会提案により制定するなど、早くも大きな成果を上げています。
 また、未来を担う若い世代の声を市政に反映するための仕組みづくりとして、高校生や大学生との意見交換会を定期的に開催。さらに議会の仕事や役割を理解してもらおうと、大学生の議会での職場体験の実施や、関東学院大学での講義(地域創生特論)を担当するなど、全国的にも珍しい新たな取り組みもスタートし、政策力重視の議会改革を大きく前進させることができました。
 その結果、日本経済新聞が全国の市町村を対象に実施した議会活力度ランキング調査で『全国No.9』の輝かしい評価を頂きました。これからも「市民に開かれた議会」「市民から信頼される議会」をめざし、全力投球してまいります。手を振ってご声援を頂いた多くの皆様に心から感謝です。本当にありがとうございました。

外部リンク
Twitter
サイト管理者
横須賀市 板橋衛
mamoru-itabashi@yokosuka-city-council.jp