Archive for 2018年 11月

image1.jpeg

近年、狭い歩道や交差点で自転車と歩行者との接触事故が多発しています。そこで国は、これまで歩行者と同等に扱いしていた自転車を、2015年に改正した道路交通法に軽車両と位置づけ、自転車は原則として車道を走行することとしました。
しかし、市内の道路(国・県・市)は道幅が狭く、狭い車道を自転車が走行するのは難しい状況です。この課題を解決するために、東京都内や政令市では、車道の左側に自転車の走行進路を路面表示することで、自動車と自転車の走行進路を住み分けすることが可能となる「自転車ナビマーク」の普及促進に取り組んでいます。
そこで、平成30年2月の公明党の代表質問で、横須賀市内でも「自転車ナビマーク」の有効性を検証」するため、適地を選定して社会実験を実施し、その検証結果をもとに普及促進を図るべきと提案しました。
これを受け、11月15日〜28日まで、久里浜6丁目地区において、自転車と歩行者の通行空間の確保および安全性の検証などを行うための社会実験が始りました。
今後は、その検証結果を踏まえながら、市内全域へ普及促進を図ってまいります。

近年、狭い歩道や交差点で自転車と歩行者との接触事故が多発しています。そこで国は、これまで歩行者と同等に扱いしていた自転車を、2015年に改正した道路交通法に軽車両と位置づけ、自転車は原則として車道を走行することとしました。
しかし、市内の道路(国・県・市)は道幅が狭く、狭い車道を自転車が走行するのは難しい状況です。この課題を解決するために、東京都内や政令市では、車道の左側に自転車の走行進路を路面表示することで、自動車と自転車の走行進路を住み分けすることが可能となる「自転車ナビマーク」の普及促進に取り組んでいます。
そこで、平成30年2月の公明党の代表質問で、横須賀市内でも「自転車ナビマーク」の有効性を検証」するため、適地を選定して社会実験を実施し、その検証結果をもとに普及促進を図るべきと提案しました。
これを受け、11月15日〜28日まで、久里浜6丁目地区において、自転車と歩行者の通行空間の確保および安全性の検証などを行うための社会実験が始りました。
今後は、その検証結果を踏まえながら、市内全域へ普及促進を図ってまいります。

近年、狭い歩道や交差点で自転車と歩行者との接触事故が多発しています。そこで国は、これまで歩行者と同等に扱いしていた自転車を、2015年に改正した道路交通法に軽車両と位置づけ、自転車は原則として車道を走行することとしました。
しかし、市内の道路(国・県・市)は道幅が狭く、狭い車道を自転車が走行するのは難しい状況です。この課題を解決するために、東京都内や政令市では、車道の左側に自転車の走行進路を路面表示することで、自動車と自転車の走行進路を住み分けすることが可能となる「自転車ナビマーク」の普及促進に取り組んでいます。
そこで、平成30年2月の公明党の代表質問で、横須賀市内でも「自転車ナビマーク」の有効性を検証」するため、適地を選定して社会実験を実施し、その検証結果をもとに普及促進を図るべきと提案しました。
これを受け、11月15日〜28日まで、久里浜6丁目地区において、自転車と歩行者の通行空間の確保および安全性の検証などを行うための社会実験が始りました。
今後は、その検証結果を踏まえながら、市内全域へ普及促進を図ってまいります。

外部リンク
Twitter
サイト管理者
横須賀市 板橋衛
mamoru-itabashi@yokosuka-city-council.jp