久しぶりに横須賀に女子プロレスがやって来ます!

子どものためのチャリティープロレス「きらきら太陽プロジェクトfor横須賀」。プロジェクトリーダーは雫有希(しずくゆき)選手。彼女は女子プロ選手であると同時に、保育士であり尼僧という異色の経歴を持つ人物。2010年からチャリティー興行を積極的に行ってきており、その収益金は恵まれない子どもたちのための支援にと寄付活動を続けてきた。

今回の横須賀興行も乳児院へ全面支援する。彼女はかつて横須賀市の二葉に住んでおり、横須賀市の総合体育館で練習に励んでいたとのことで、今回は横須賀へのご恩返しとの強い思いで実現した。

今日は、藤野英明議員とともにプロジェクトリーダーの雫有希選手が議長室を訪ねてくれました。私も、少年時代からのプロレスの大ファン。しばし懇談する中で、かつてのプロレスへの熱き想いがフツフツと蘇ってきました。

久しぶりのプロレスの横須賀開催。横須賀の再生へ向けて、皆んなで応援して行きたいと思います。

コメントは受付けていません。

外部リンク
Twitter
サイト管理者
横須賀市 板橋衛
mamoru-itabashi@yokosuka-city-council.jp