image3_5.JPG image4_3.JPG image5_3.JPG image6.JPG image7_2.JPG

自衛隊創設60周年を記念した航空観閲式が、航空自衛隊百里基地(茨城県小美玉市)で盛大に開催されました。

私も全国市議会議長会 基地協議会の会長としてご招待を頂き、出席させて頂きました。

1954年(昭和29)7月1日に、防衛庁が設置され、保安隊は陸上自衛隊に、海上警備隊は海上自衛隊となり、新たに航空自衛隊も創設されました。毎年の自衛隊の創設記念日には陸海空の自衛隊が持ち回りで観閲式(海上自衛隊は観艦式)を実施しています。今年は自衛隊創設60周年の節目の年であり、航空自衛隊が担当です。

観閲式にはご招待者をはじめ、自衛隊員のご家族、そして一般の観覧者など、会場は多くの参加者で埋め尽くされ、自衛隊の最高指揮官である内閣総理大臣が出席されるとのことで、厳重な警備体制が敷かれていました。

観閲官として出席した安倍総理は、現在のわが国の安全保障環境について、弾道ミサイルなどの大量破壊兵器やサイバーテロの脅威など国際情勢は絶えず激変しているとの認識を示した上で、切れ目のない新たな安全保障法制を整備してゆくと訓示。

その後、航空自衛隊の主力部隊の展示飛行が披露され、 わが国の平和と安全・安心の地域社会の実現のために自衛隊の果たすべき役割の重要性を改めて痛感しました。

コメントは受付けていません。

外部リンク
Twitter
サイト管理者
横須賀市 板橋衛
mamoru-itabashi@yokosuka-city-council.jp