Archive for 2014年 7月

image_68.jpeg image_69.jpeg image_70.jpeg image_71.jpeg image_72.jpeg

特別養護老人ホーム恵徳苑で、サマーフェスタ2014が開催されました。この恵徳苑まつりは、今年で3回目。地元町内会の皆様も模擬店を出したりイベントに参加したりと、素晴らしい交流の場になっています。私も中野理事長が以前勤務していた会社の先輩ということもあり、初めて参加させて頂きました。五十嵐施設長さんには施設内をご案内頂き、色々な課題についてもお話しを伺うことが出来ました。

サマーフェスタには吉田市長、亀井県議、関澤市議をはじめ、小泉代議士も駆けつけて、大いに盛り上がっています。地域で支え合う社会の重要性を改めて感じました。

暑い中、皆様本当にご苦労様です。

image_66.jpeg image_67.jpeg

毎年恒例の学区対抗児童ソフトボール大会が盛大に開催されました!

今年で55回目となる記念大会です。各学区から25チームが参加。真っ黒に日焼けした選手の逞しい姿に接し、大変に頼もしい限りです。

開会式での挨拶に続き、始球式の大役も仰せつかり、何とかキャッチャーにボールが届き、ひと安心。始球式で使った真新しいボールも記念に頂きました。大会関係者の皆様に心から感謝です。

今日も暑い一日となりますので、体調管理には万全を期して、楽しい大会となるよう期待しています。各チームの皆さん、頑張ってくださいね!

image_61.jpeg image_62.jpeg image_63.jpeg image_64.jpeg image_65.jpeg

今日は、富岡製糸場の世界遺産登録を祝して記念式典が製糸場内て、盛大に開催されました。

式典会場は東繭倉庫内に設けられた特設会場。内外から200名を超えるご来賓が参加。群馬県の今日の最高気温は37度。会場内は開会前から既に熱気で沸騰状態。

主催者の岩井市長の挨拶の後、群馬県を代表する山本一太内閣府特命担当大臣、中曽根弘文元文部科学大臣がそろって駆けつけ祝福。最後は、今回の世界遺産登録の大功労者である片倉工業の竹内社長が挨拶。社是の「売らない、貸さない、壊さない」の3原則を守り続けてきたその熱意が結実したとのお話に感無量でした。

その後のレセプションでは、岩井市長、佐々木議長をはじめ市議会議員の皆様と交流させて頂きました。

来月19日には横須賀市議会から20名を超える交流議員団が富岡市を訪問。翌9月17日には、富岡製糸場総合研究センターの今井幹夫所長が横須賀市議会主催の議員研修会で富岡製糸場と横須賀製鉄所との関係について、ご講演をして頂くことになっています。

今後は、明年の横須賀製鉄所創設150周年を機に、友好都市の締結を視野に、相互交流を促進していきたいと思っております。富岡市万歳!横須賀市万歳!

本日は、本当におめでとうございました。

image_56.jpeg image_57.jpeg image_58.jpeg image_59.jpeg image_60.jpeg

全国市議会議長会 基地協議会の中国・四国部会の定期総会に出席するため、香川県の坂出市に昨日からお邪魔しています。昨日は、会議終了後に瀬戸大橋記念館と東山魁夷せとうち美術館を視察させて頂きました。

四国と本州を結ぶ瀬戸大橋の建設は、四国に暮らす人々にとって長年の悲願。120年前の大久保甚之丞の予言通り、夢の大橋がそれから100後にまさに実現の運びとなる。瀬戸大橋記念館はその歴史的経緯や、夢をかたちにしたわが国の技術力の高さを後世に伝え残してゆくために建設された施設です。

また、県立東山魁夷せとうち美術館は、日本画の巨匠、東山画伯の祖父が香川県の出身であることから、ご遺族から寄贈された280点余りを収蔵展示しています。瀬戸大橋を望む絶好の地であり、展示室の階段を降りれば、全面に瀬戸大橋を青い海が広がっています。まさに、絶好のロケーションに抱かれた素晴らしい美術館をでした。

2日目の今日は、陸上自衛隊善通寺駐屯地を視察。ここの初代師団長は日露戦争の旅順攻略で活躍した乃木希典陸軍中将。敷地内には乃木中将が指揮をとった明治期に建てらた重厚な建物が当時の姿を今に伝えている。乃木館と名付けられたその建物には、当時の貴重な資料が数多く展示されている。日露戦争を勝利に導いた戦艦三笠の資料もあった。

その後、駐屯地内を案内して頂き、実動部隊の訓練の様子や、保有装備品の見学をさせて頂いた。わが国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中、今後の陸上自衛隊の役割も環境の変化に対応してゆかねばならない。国際貢献活動や災害救助活動に加えて離島奪還作戦など、今後の益々の活躍に大いに期待したい。

image_54.jpeg image_55.jpeg

2020年のオリンピック、パラリンピックの東京開催が決定したことを受け、世界に通用するトップアスリートを育成、養成するために欠かせない施設であるナショナルトレーニングセンター。

東京都北区にある味の素ナショナルトレーニングセンターは、主に屋内競技の一部の施設 が整備されているのみで、2020の東京五輪へ向けて、他の有望な種目の強化施設の拡充が不可欠です。

国は現在、ナショナルトレーニングセンターの拡充施設について検討しており、横須賀市は6月2日に誘致委員会を設置し、官民上げていち早く誘致に名乗りを上げました。

羽田空港から40キロ圏内という首都からのアクセスの良さに加え、横須賀市は三方海に囲まれ、気候が温暖で屋外競技には最適な豊かな自然環境に恵まれています。更に、セーリング競技に最適な良好な海岸線を有しており、これ程の立地条件はありません。

誘致委員会は竹内会長を先頭に、地元の小泉進次郎、古屋範子衆議院議員をはじめ、吉田横須賀市長、平松商工会議所会頭、そして市議会を代表して私が、要望活動を開始しました。昨日は文科省を訪問し、スポーツ、青少年局長に面会して横須賀誘致を強く要望しました。

ナショナルトレーニングセンターの誘致は「選ばれるまち」を標榜する横須賀市にとって、最初で最大の試金石であり、実現できれば横須賀再生の大きな起爆剤になることは間違いありません。

これからも、誘致実現のために全力で取り組んでまいります。

image_50.jpeg image_51.jpeg image_52.jpeg image_53.jpeg

「超高齢化社会の医療と介護を考える」をテーマに、市民セミナーを開催しました。

超高齢化社会を迎える中、2025年問題って皆さんご存知ですか?団塊の世代と言われる方々が、10年後には75歳以上となり、在宅で介護や医療を必要とする方々が急増する時代が目前に迫っています。

今日のセミナーでは、横須賀市の後藤健康部長や、在宅医療のエキスパートである野村医師にご公演を頂きました。

参加者からは、医師の目線による在宅での看取りの現場体験などを分かりやすくお話しして頂き、参加者からも「明日はわが身とも思える現実的なお話しを伺い、大変に勉強になった」とのご意見を多数頂きました。

今日のセミナーには、佐々木さや参議院議員も駆けつけて頂き、この問題への取り組みについて、国政報告して頂きました。

今後とも、地域の実情にあった医療介護の連携にもとづく、地域包括ケアシステムの構築へ、全力で取り組んでまいります。

お忙しい中、ご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

image_46.jpeg image_47.jpeg image_48.jpeg image_49.jpeg

ウィンドサーフィン・ドリームカップ2014が、19・20日の2日間にわたり津久井浜海岸で開催されます。

津久井浜海岸は、ウィンドサーフィンにとって「絶好の風が吹く海」として最適の地とのこと。2020年開催の東京五輪へ向けて、ナショナルトレーニングセンターの拡充施設の誘致を進める上でも、この海は欠かせない存在。

初日の今日は開会式が行われ、全国から集まったアスリートたちに最大のエールを送らせて頂きました。皆さんの活躍、大いに期待しています!

image_42.jpeg image_43.jpeg image_44.jpeg image_45.jpeg

皆さん、「触れる地球」ってご存知ですか? 一言でいえば「地球儀の電子版」ってことでしょうか?

今日、横須賀市議会でこの「触れる地球」のデモンストレーションがあり、実際に体験させて頂きました。

その特徴は、地球の今の姿を映し出せることはもちろんのこと、様々な研究機関から集められた蓄積データを重ね合わせることにより、地球環境の変化や将来予測など、私たちの大切な地球の過去、現在、未来を客観的に観察することができ、数々の新たな興味や発見も十分に期待出来ます。

特に、子どもたちがグローバルな視点と環境リテラシーを養う上で、大変に有益なツールとなることは間違いないと感じました。

この「触れる地球」の開発は、京都造形美術大学の竹村真一教授の監修のもと、設計製造はJVCケンウッド横須賀工場が手掛けています。まさに横須賀発の最先端技術の結晶です。

この宝物を未来を担う横須賀の子どもたちのために、是非とも教育現場で活用して欲しいと感じました。

image_40.jpeg image_41.jpeg

毎年恒例の陸上自衛隊久里浜駐屯地の納涼祭が盛大に開催されました。地域の皆様との友好親善を目的に毎年開催されています。

今年も、多くの方々が基地を訪れ、盆踊りや花火にと、大いに盛り上がっています!

image_37.jpeg image_38.jpeg image_39.jpeg

今日は、横須賀市と姉妹都市提携をしている4市のうち、アメリカのコーパスクリスティ市、フランスのブレスト市、オーストラリアのフリマントル市から横須賀市へ派遣された交換学生5人が、横須賀市議会を表敬訪問してくれました。

横須賀市の印象や、滞在中の市民との交流の思い出など、感性豊かな高校生から数多くのお話しを伺い、新たな発見もありました。

その中で市民の皆様が非常に親切で気さくな人柄であること。町全体が綺麗で好印象を持ったなど、横須賀市民として大変に嬉しい限りです。

私からは「横須賀は皆さんにとって第二の故郷。皆さんが再び横須賀を訪れてくれる日を心待ちにしています」と、若き親善大使に最大のエールを送らせて頂きました!

外部リンク
Twitter
サイト管理者
横須賀市 板橋衛
mamoru-itabashi@yokosuka-city-council.jp