Archive for the ‘未分類’ Category

今日は公明党五大市政策研究会(旧五大市と呼ばれる大阪、神戸、京都、名古屋、横浜の地方議員による研究会)として、厚生労働省の稲津副大臣に面会し、中高年の引きこもりに対する要望書を提出させて頂きました。最近では、8050問題もクローズアップされていますが、中高年(40から64歳まで)の引きこもりは61万人以上と推計されています。国と連携し、具体的な対策を進める必要があります。

環境絵日記展に続いて、慶應義塾大学で開催されている「いろとりどりの家族のかたち〜パートナーシップと多様な〝幸せ〝について考えよう〜」に参加しています。以前、勉強会で講師を勤めて頂いた明治大学の鈴木教授からも、横浜市でのパートナーシップ宣誓制度に対する評価を頂くとともに、LGBTは権利であり、寛容による理解の増進ではなく、冷徹な権利が欲しいだけとのお話は説得力がありました。同性婚訴訟や選択的夫婦別姓、さらに現時点での憲法24条の解釈など、多様性を認める社会に向けて勉強になりました。

今日は大さん橋ホールで開催されているSDGs未来都市・環境絵日記展2019にお邪魔しました。絵日記の展示や研究発表、さらにダンスコンテストなど、子供達の頑張りに感動しました。また横浜の大学生で構成されている横浜若者連盟の皆さんが、子供達にSDGsの理解を深めるため、一緒にミサンガを作っているブースも盛況でした。展示会に携わって頂いた関係者の皆様に、心から感謝申し上げます。

今日は地元・獅子ヶ谷小学校の創立40周年記念祝賀会に参加させて頂きました。私の子供たちも同校の卒業生であり、教職員を始め、地域の方々のおかげで有意義な学校生活を送らせて頂きました。改めまして、当時から変わらず学校を支えて下さっている皆様、そして今回の準備・運営にあたって下さったPTA関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

今日より横浜市会では、令和元年第4回定例会が開会しました。(12月19日まで)議案関連質疑から始まり、来週以降、一般質問や常任委員会の審査などが行われる予定です。本年最後となる定例会も、責任ある議論で臨んで参ります。

今日は仲尾台中学校におけるハマ弁の実施状況について視察させて頂きました。生徒からは美味しいとの声があった一方で、保護者からはハマ弁に対して、議会での人権感覚を欠いた発言や、マスコミ等によるネガテイブキャンペーンによる風評被害が大きく、保護者や生徒に誤解を招いている事が指摘されました。”食べてもいない”保護者がハマ弁を批判すれば、その子供が食べようとしないのは当然です。育ち盛りの子供達にとって、栄養バランスを考慮して作られたハマ弁を利用することは、体づくりや食育の観点からも重要である事が改めて確認できました。

今日の一般紙に、神奈川県選出の野党の国会議員が、2021年の横浜市長選挙に際してカジノ賛否の争点化を目指している旨の記事が出ています。国会議員は国会での仕事(外交や経済対策ほか、やるべき事はたくさんあると思うのですが・・・)に専念すべきであり、地方自治体の首長のリコール運動や、市民の分断を煽る事が、果たして国会議員の役割でしょうか?地元の有権者からも、実績もない野党議員に対して、相変わらず期待できないとの声が寄せられるのも無理ありません。それぞれの役割・立場のもとで、しっかりと仕事をする事が、有権者の信頼を得て、負託に応えていく事だと思います。

横浜市の道路局は発足して50年目を迎えますが、その記念としてフォトコンテスト(応募総数1657点)が行われ、応募写真から選ばれた写真を使って横浜市道路局50周年記念カレンダーが出来上がりました。いつまでもこの様な風景を守って行くため、道路管理者の責任の大きさを改めて感じた次第です。

今日は鶴見区民文化センターで開催された、横浜市鶴見区人権啓発講演会に参加させて頂き、拉致被害者である蓮池薫氏の講演をお聞きしました。蓮池氏からは「北朝鮮に対して、拉致被害者の帰国を諦めていないという姿勢を見せ続けて欲しい」との訴えがあり、風化させない事の重要性を痛感しました。

本日、12月2日から横浜市パートナーシップ宣誓制度がスタートし、宣誓及び受領書の交付の手続きが行われました。第1号となる市民の方々とも懇談させて頂く機会があり、喜びの声をお聞きする事が出来ました。28番目となる市町村でのパートナーシップ制度導入となりましたが、引き続き制度の充実に向けて尽力して参ります。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp