環境絵日記展に続いて、慶應義塾大学で開催されている「いろとりどりの家族のかたち〜パートナーシップと多様な〝幸せ〝について考えよう〜」に参加しています。以前、勉強会で講師を勤めて頂いた明治大学の鈴木教授からも、横浜市でのパートナーシップ宣誓制度に対する評価を頂くとともに、LGBTは権利であり、寛容による理解の増進ではなく、冷徹な権利が欲しいだけとのお話は説得力がありました。同性婚訴訟や選択的夫婦別姓、さらに現時点での憲法24条の解釈など、多様性を認める社会に向けて勉強になりました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp