平成31年1月1日から令和元年6月30日までの火災・救急概況が発表されました。特徴としては、コンロによる火災が増えている事と、救急出場は過去最高を上回るペースで増加している事です。横浜市の救急体制は現在77隊で運用していますが、374万を超える人口と高齢化社会を背景に、引き続き需要は高まると想定されます。市民の生命を守るために、必要な体制強化と財源確保が求められます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp