毎年、次年度の予算要望に向けて、様々な団体との意見交換会を実施しています。本日から令和となってはじめてとなる政策懇談会がスタートしました。その中で日本介助犬協会からは、介助犬に対する認知度を高め、理解を深めていく重要性についての説明がありました。各団体の要望を少しでも実現できる様、取り組んで参ります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp