今日は地域医療構想講演会「これからの横浜の医療と介護を考える」に参加しました。国際医療福祉大学大学院の高橋 泰教授、NPO法人ささえあい医療人権センターの山口育子理事長、さらに画家でタレントの城戸真亜子さんからの講演がありました。「かっこよく老いて、かっこよく死のう」という死に方についてのお話や、2025年問題を前にして、医療法に国民の責務が定められた事などが印象に残りました。改めて医療と介護の現実について考えさせられました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp