Archive for 2013年 1月

今日は地元鶴見にあります済生会横浜市東部病院に、医療支援ロボット「ダヴィンチ」の視察に伺いました。これは医師が遠隔操作する動きに合わせて内視鏡手術を支援する最先端のロボットです。現在は前立線がんの手術のみに保険適用(平成24年4月より)され、約40~50万円の費用がかかるとのことでした。すでに日本に70台ほど設置をされているとのことですが、神奈川県では藤沢市・鎌倉市・川崎市と横浜市東部病院の4か所に設置されています。今後、他の治療にも保険適用が拡大されれば、活用領域も拡がる思われますが、医療費抑制とダヴィンチを使いこなせる医師の育成という課題を乗り越える必要がありそうです。

今日は東海道貨物支線貨客併用化に向けての調査列車への試乗会があり、茅ヶ崎から東京、そして関内へと初めて貨物線での走行を体験することができました。平成27年度には相鉄・JR線の乗り入れとなる東部方面線が計画されており、羽沢駅からJR貨物線を使い、東京方面に向かいます。途中、鶴見区の生麦あたりから地上に出て、鶴見駅を通過する予定であり、まさにそのルートを使っての試乗会となりました。現在、鶴見区ではこの東部方面線の鶴見駅停車実現を目指して、区民の皆様から2万筆を超える署名を頂き、2月には改めて要望活動をする運びとなっております。鶴見区の交通利便性の向上のために、引き続き努力して参ります。

今日は鶴見区こども青少年元気支援事業としてスタートする「つるみ元気塾 ほっとりんく」の開所式が行われました。これは家庭環境等により支援を必要とする小中学生が、夢を持ち自立した生活を送れるように、より家庭的な場所で、習慣を整え、学校生活を円滑に送るための支援を行うところになります。普通の一戸建住宅(80.5㎡)を使い、1日4名ぐらいが、家庭のような雰囲気の中で、学習や生活体験を送るとのことです。この事業は地域の方々の理解と協力も欠かせません。本当にこどもたちのためになる施設に成長してほしいと願っています。

今日は横浜市資源リサイクル事業協同組合の賀詞交歓会に出席させて頂きました。横浜市では、本年4月から持ち去り禁止条例(昨年、議会で制定されたもの)により、資源集団回収を行っている資源物を持ち去るなどの違反者には、罰金刑が科されることになります。自治会・町内会の貴重な財産である資源物を、地域の連携で守って行く取り組みはとても重要です。

今日は朝から名古屋市会を訪問しています。高校生まで名古屋に、それも市役所の近所に住んでいたこともあり、親近感を覚えます。名古屋市はメディアでも有名な河村市長が誕生したところですが、減税を公約に掲げたものの、所属議員の不祥事も度々発生し、市民からの評価は厳しい様です。事実、減税結果としては、平成21年0%、平成22年10%、平成23年0%、24年5%(当初10%を主張されたが、7%→5%に決着)となっており、その効果に市民からも疑問の声が上がっているとのこと。政治というのは、耳触りの良いことを言い、市民を扇動する様なパフォーマンスではなく、市民のために市長と市会が徹底的な議論を重ね、政策を実現して行くことが大切だと、改めて感じた次第です。

今日は三重県議会を訪問し、議会運営に関する取り組みをヒアリングさせて頂いております。通年会期や議員提案政策条例のプロセス、トップセミナーの開催等々、横浜市においても検討可能な項目もあります。しかしながら、三重県の県民に直接接するところは各基礎自治体であり、各市との意思疎通や調整、さらには財源問題が課題ではないかと感じました。

今日は三重県鳥羽市議会に、議会運営委員会の視察で来ています。視察内容は、当市議会で行われている、1)議員研修会 2)議会報告会 3)議会のICT化等々について、先進的な取り組みを学ばせて頂いております。現実的には民間企業では常識となっているICT化等も、議会の世界ではまだまだ遅れているのが現実です。370万市民の生活を預かる横浜市会として、実現をしていかねばならない課題であると思います。

今日は震災直後の5月に初訪問した宮城県名取市に来ています。あの時には、家や船や車などが散乱していましたが、今は片付けもほとんど終わったものの、復興計画がまとまらないため、何も計画が進んでいない状態です。今年から復興税として、所得税の2.1%が25年間に渡り徴収されます。国民の大半が被災地の一日も早い復興を願い、待っているはずです。その日が来るまで、自身の立場で、できることを全力で取り組んで参ります。

関西を襲った阪神淡路大震災から18年目を迎える今日、雪の舞う福島に来ています。3.11からもうすぐ2年となりますが、被災地と一口に言っても、地域ごとに様々な課題があります。新政権となって、復興庁の副大臣に公明党の浜田まさよし参議院議員が就任され、すぐに福島での常駐を開始されました。日本一の基礎自治体である横浜市として、今後の被災地支援に対する貴重なご意見も頂きました。震災の風化や防災意識と言った観点からも、継続してできる支援の形を見つけたいと、改めて決意させて頂きました。

今日は公明党神奈川県本部の新春の集いが、山口代表をお迎えし、盛大に開催されました。国会議員や神奈川県下の首長、さらには各界から多くの皆様にご参加頂きました。この夏行われる参議院選挙に出馬する佐々木さやか候補も、さわやかに挨拶をされておりました。その後、鶴見区工業会の賀詞交換会、さらには横浜清掃労働組合の新春の集いと、出発の集いが続きました。新たな決意で本年も頑張らねばと思います。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp