Archive for 2012年 10月

今日は公明党鶴見支部の支部会が行われ、様々な介護ロボットが紹介されました。その中でも、パルロというロボットは会話やダンスができ、コミュニケーションが取れるもので、非常に頭の良いロボットでした。神奈川県としてはロボット産業の振興を、経済政策の一つとして、推進して行く予定ですが、横浜市としても市内中小企業を守るため、ロボット分野への参入も 検討する時期が来ていると痛感致しました。

長かった第3回定例会が、本日無事に閉会となりました。議案審査から始まり、一般質問、決算特別委員会、行政視察など、様々な角度で議論をする事が出来ました。残念ながら、政党としてのガバナンスの欠如や無責任な発言も、相変わらず散見されましたが、引き続き、徹底した議論により、市民目線の政策実現を目指して参ります。

本日、国政においては、天下分け目となる臨時国会がスタートしました。しかしながら、初っ端の所信表明演説を聞き、愕然とし、落胆したのは、私だけではないかと思います。本当にこの民主党と言う政党は、どこへ行こうとしているのか?本当に国民の事を考えての行動なのか?疑問だらけであります。ともかくも、子供達のためにも、一刻も早く現政権に退場いただく事が大事となります。国がこのように体たらくでも、基礎自治体である横浜市には、やることがたくさんあり、停滞している暇など、全くありません。

今日は、神奈川県立鶴見養護学校体育館をお借りして開催されました、第2回神奈川ウエイト制空手道選手権大会に参加させて頂きました。小さい児童から成人まで、幅広い選手が集われれていました。この空手道を通して、心も身体も成長し、将来を背負って立つ人材が輩出されることをお祈りしております。

今日は、平安小学校の創立60周年記念式典が行われました。平安小学校は全国的にもマーチングバンドが有名で、式典終了後には、ドリル演奏を見せて頂きました。実は地域の方から、このマーチングバンドにドラム一式が寄贈されたとのことで、式典の中で特別功労賞が贈られていました。式典終了後、その方からお話をお聞きしたところ、お亡くなりになったお母様からの遺言で、寄贈をされたとのことでした。真心こもった、ヤマハ製の素晴らしいドラムが輝いていました。地域の方々の思いを受けて、何としても関東大会を突破してほしいと思います。

今日は常任委員会の視察のため、神奈川東部方面線(仮称)羽沢駅工事現場および横浜環状北線子安台地区工事現場を訪問させて頂きました。平成28年度の完成に向けて、工事も順調に進んでいるとのことです。特に北線の子安台から見た風景は圧巻です。現在、JR等の線路をオーバーハングするための橋げたを製作中で、来年にはその橋げたをレールにより送り出すことで、反対側の橋脚に接続させるという、今までに見たこともない工事が行われる予定です。無事故での工事進捗を願うものです。

鶴見区内にある県立三ッ池公園は、桜が有名であり、お花見(私も何度も参りましたが)の時期などには大変なにぎわいとなります。最近、区内において、その”三ッ池公園がなくなる”などという内容で、署名を募っているとのお話を耳にして、その稚拙な内容に驚きました。善良な区民の方々を扇動し、その善意に付け込んで署名をさせるなど、あまりに姑息であり、許される行為ではないと思います。正しい「議会のルール」と「法律」を知っていれば、三ッ池公園がなくなるという発想は出てこないはずです!!このような行為が、政治不信が高まっている現代にあって、さらにそれを助長することにつながるのではないかと、大変に危惧をしています。

最近の政治状況に対して、地域の皆様からも大変に厳しいご意見をお聞きします。なぜこのような事態になったかを考えると、それは政治家が大きな勘違いをしているからであると思っています。無責任な発言や聞こえの良いことばかりを繰り返し、結果的には有権者の感情を利用するだけのエセ議員(これは国政に限ったことではありません)の存在によって、政治家は子供達にさえ期待されない存在になりつつあると感じています。「言うだけ」が議員の仕事ではありません。(言うだけ番長などという人もいましたが…)だからこそ「政治家は実績が勝負」との信念で、有権者がデマに惑わされない様に、誠実に真実を語って、具体的な責任を果たすことが求められていると思います。

市会議員も政治家の一人であるとするならば、その発言や行動は責任あるものでなければならないと思います。自分勝手な意見や出来もしない発言を繰り返し、それにより市民感情を扇動することは、政治家の仕事ではありません。政治信条の違いという大きなハードルがあっても、具体的な政策を、コンセンサスを取りながら、実現していくことこそ政治家の使命ではないでしょうか。当然ながら自分の意見を受け入れてもらうためには、相当の覚悟と忍耐と努力が必要であることは言うまでもありません。政治というものは、その繰り返しではないかと思います。合意形成への責任をもった発言と行動ができない政治家には、まさにレッドカードです!

今日はナレッジトラスト社の三浦代表をお迎えして、現在の横浜がおかれている状況と研究調査の必要性に関する講演を拝聴致しました。その後、フリーデスカッションも行われ、横浜市が抱えているメリットやデメリットなどについての議論も行われました。「国民総幸福量」という指標についても教えて頂きましたが、日本は世界で90位に位置してるとのことです。ちなみに第1位はデンマークとなっています。高負担・高福祉の国と言われていますが、国民の幸福意識は高いということです。これからの本格的な少子高齢化時代にあって、市民の幸福感アップにつながる具体的な政策提言ができるよう取り組んで参りたいと思います。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp