今日は7月10日に横浜三井ビルディングにオープン予定の「原鉄道模型博物館」の内覧会に参加を致しました。原氏のコレクション(6000両のうち2500両が展示)を、大型のジオラマをはじめ、様々な形で展示されておりましたが、その数と内容に圧倒されました。構想から3年以上を費やし、現場でのジオラマ作成にも8か月を要したとのこと。ジオラマの線路と列車の車輪も、鉄製というこだわりで、列車が通過していく音も、非常にリアルでした。ファンの方にはたまらないのではないかと思います。これで、またひとつ横浜での素晴らしいスポットが増えることになります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党鶴見支部 尾崎太
ozaki-tsurumi@22.netyou.jp