Archive for 2015年 6月 26日

横浜市がけ地減災対策工事助成金について

横浜市がけ地減災対策工事助成金について知らないで工事をされた方より、ご相談を受けました。工事に着手している場合や完了後は、制度の利用はできませんので、ご注意願います。

既存擁壁の補強や崖地の保護など減災を目的とした改善工事に対しても助成する制度が新たに開始されています。  

27年度の計画承認申請の受付は、4月16日から行っています。

詳細は、リンクを参照願います。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/kenbou/bousai/gake/gake/gensai.html

減災助成金制度の概要

対象となる崖

 ・個人が所有しており、地盤面からの高さが2メートルを超えている崖地
 ・崖崩れが発生した場合に居住用の建物に被害がおよぶおそれがある崖地 

対象となる工事

 ・都市計画法や宅地造成等規制法、建築基準法の手続きを要しない工事
 ・原則として平坦地が広がらない工事
 ・従前の崖の高さが変わらない工事
 ・横浜市が策定する「横浜市がけ地減災対策工事設計指針(案)」に適合する工事 
 
助成の金額

 助成額は、対策工事費の1/2以内とし、かつ上限金額は下記のとおり工法ごとに定めた額を限度とします。なお、(1)の工法と(2)の工法を組み合わせた場合は、(1)の限度とします。

(1)100万円を限度とする工法
 法枠工、アースアンカー工、抑止杭、鉄筋挿入工、待ち受け擁壁
(2)50万円を限度とする工法    
 排水補強パイプ工、覆式落石防護網工、H型鋼コンクリート防護柵
   

制度利用上の注意点

  ・減災助成金の計画承認申請を行う場合は、建築防災課がけ防災担当との調整が必要です。事前にご相談ください。
  ・工事に着手している場合は制度の利用はできません。
 

政策懇談会・箱根町支援を求める要望書提出

DSC_0079.JPG

本日は、午前中より各種団体からのヒアリングを行うため、政策懇談会を開催しました。
様々な現場の課題や要望を確認させて頂きました。
今後、調査して参ります。
夕方は、箱根町の支援を求める要望書を渡辺副市長に提出させて頂きました。
副市長からは、内容を確認させていただき、市としてできることを検討していく旨の答弁をいただきました。

地域避難所の選定と運用の取組視察(栄区)

DSC_0045.JPG DSC_0049.JPG DSC_0050.JPG DSC_0051.JPG DSC_0052.JPG

本日は、朝の街頭を上永谷駅にて行い、その後市役所にて地域要望調査。
午後は、栄区役所にて地域避難所の選定と運用の取組について説明を受けました。
また、地域避難所の推進をされている桂公田町会と富士見台自治会を訪問させていただき、取組状況や課題、要望を伺いました。

[konan-safety 83]日本年金機構の職員を騙る詐欺に注意!
日本年金機構の職員を騙る不審な電話が全国的に相次いでいます。
「あなたの個人情報が漏れているので、削除します」などという
電話を掛け、お金を騙し取ろうとするものです。公的機関がこの
ような電話を掛けることはありません。不審な電話が掛かってき
たら、すぐ警察に相談してください。

【配信元】地域振興課

横浜市就職サポートセンター視察

DSC_0038.JPG DSC_0039.JPG DSC_0040.JPG

本日は、公明党横浜市会議員団として、横浜市就職サポートセンターを視察させて頂きました。

本事業は、平成26年4月に開設した市民向けの総合案内窓口で、㈱パソナさんに運営委託を行っています。

平成26年度の実績、平成27年度の強化ポイントなどを確認後、課題や傾向などを伺いました。

相談者で長期のサポートが必要な方に対して、どのように関係機関と繋がっていくのが望ましいかについて検討して参ります。

横浜開港記念式典

DSC_0037.JPG DSC_0036.JPG

本日は、平成27年 横浜開港記念式典に参加させていただきました。
横浜は、1859年7月1日(旧暦6月2日)に開港。

第2部の記念コンサートは、森山良子さんのプレミアムアコースティックライブで、素晴らしい歌声で癒されました。

みなとみらい周辺は、学校が休みなので、家族連れで賑わってます❗

横浜市『臨時福祉給付金』コールセンターが開設

横浜市『臨時福祉給付金』専用ダイヤル
☎ 0120-391-370
【設置期間】
平成27年6月1日(月)から平成28年3月31日(木)まで
全日9:00~18:00(土・日・祝日・年末年始も実施)
※ 携帯電話等から通話可

■ 臨時福祉給付金 制度概要
消費税率の引上げに際し、所得の低い方々への負担の軽減を図るため、暫定的・臨時的な措置としての給付金です。
1 給付対象者
平成27年1月1日時点で横浜市の住民基本台帳に登録されている方のうち、
(1)平成27年度市民税が課税されていない方(市町村民税が課税されている方の扶養親族等を除く。)
(2)生活保護を受けていない方
2 給付額
1人につき6,000円
昨年度あった基礎年金受給者等への加算措置はなくなりました。
(※ 昨年度給付額 1人につき1万円、加算額5,000円)
3 本市対象者数(推計)
約51.5万人

http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201505/images/phpJkZ1Cl.pdf

子育てりぶいん27年度募集を実施します(子育て世帯のニーズにこたえて基準拡充)

 『子育て りぶいん』は、国の「地域優良賃貸住宅制度要綱」に基づく制度で、「横浜市子育て世帯向け地域優良賃貸住宅」の愛称です。
 収入の少ない子育て世帯向けに、住宅や住環境など子育てに配慮された民間の既存住宅を横浜市が認定し、家賃の一部を助成する制度です。

   ◆横浜市が認定する家賃補助付き賃貸住宅

   ◆最大4万円の家賃補助

   ◆入居対象は世帯月収が21万4千円以下の子育て世帯

詳細は、下記参照願います。

http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/housing/minju/kosodateribuown/

http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201505/images/phpRRCEp3.pdf

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
カレンダー
2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
サイト管理者
横浜市会 安西英俊
anzai@anzai-hidetoshi.com