Archive for 2011年 3月 15日

≪横浜市防災計画 放射性物質災害対策≫

連日の震災被害の報道を聞くたびに、一日も早く被災者の方々へさらなる支援の手が入ること祈っております。

原子力発電所の問題が、報道されておりますので横浜市の防災計画 放射性物質災害対策を確認しておきました。

≪横浜市防災計画≫
http://www.city.yokohama.jp/me/shobo/kikikanri/keikaku/toshi.html

≪放射性物質災害対策≫
http://www.city.yokohama.jp/me/shobo/kikikanri/keikaku/toshi/57.pdf

地元地域では、生活用品の大量買い、ガソリンの売り切れによる交通渋滞などが目立っています。

生活者の方が不安に感じるものについての的確な情報発信(供給予定)が急務だと感じましたので、要望しております。

計画停電の実施状況について、現段階でご自分がどうなるのか分からない方が多くいると感じます。特にネット環境なし、新聞等も購読していない方は、テレビでの情報だけでは、突然実施されると感じるのではないでしょうか?

緊急時の広報手段の必要性をあらためて感じています。

≪東北地方太平洋沖地震のお見舞い≫

 このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

 一日も早く復旧されますようお祈り申し上げます。

 本日、区内における地震の影響を確認をさせていただくため、地域を廻らせていただきました。

 笹下、上大岡周辺、日野団地、野庭団地、港南台団地、芹が谷周辺などを廻らせていただき、状況を聞かせていただきました。

 ・野庭団地の高層階のお宅での揺れが、他よりひどいようで棚が倒れたり、食器などが落ちてきたようでした。

 ・停電は、区内広範囲で起っており、ひとり暮らしの高齢者の方は、怖い思いをされたことを伺いました。

 ・一部マンションでは、停電によりマンション内の給水ポンプが作動せずに断水のような状態になったことを知りました。

 ・区内の一部道路で水道管の亀裂?などにより水があふれた地域もいくつかあったことを確認。

今回の地震を通じて、「地域としての支えあう体制を早急に確立する必要がある」とあらためて感じました。そのためにも、あらゆる世代のネットワークを結びつける提案を今後してまります。

≪地域交流≫

本日、突然の雪にびっくりしましたが、お約束していただいた地域の皆様との交流を無事させていただきました。

それにしても、港南区は、急傾斜が多いので雪が少しでも積もると心配な地域が多いです。私の自宅前も急傾斜にあるため、他の地域より早く車が出せなくなります。

高齢化が急速に進む為、本当にあぶない箇所から手摺などの設置を行なうことは大事だと感じておりますので、提案して参ります。

≪安西ひでとし後援会事務所開設≫

本日、晴天の中、事務所開きを無事行なうことができました。

榊原やすこ市会議員の後援会の皆様、前職の皆様、町内会長様、地元地域の皆様など多くの方々に参加していただき、最高の出発をさせていただきました。

しっかり、期待にお応えできるよう頑張って参ります。

≪安西ひでとし後援会事務所≫

電話 045-841-1836     FAX 045-843-7559

≪日本脳炎ワクチン 未接種世代 公費負担で5月にも実施≫

昨年、日本脳炎ワクチンの未接種者の救済を目指し、定期予防接種の拡大を求める署名を港南台駅街頭などで行なってきました。

そして、昨年11月には、約2万3000人の署名簿を厚生労働省に提出しました。これに対し、同省より前向きに取り組む考えを示していただいておりました。

その結果、2月21日 厚生労働省は、日本脳炎の予防接種が事実上中断していた2005年から10年までの間に未接種だった人に対し、公費負担で定期接種が受けられるようにすることを決定しました。

具体的には、日本脳炎ワクチンの定期接種の対象年齢の上限を現行の13歳未満から20歳未満に引き上げます。早ければ、5月にも実施されることになります。

皆様にご協力いただいた署名により、またひとつ大事な結果を出すことができました。

今後も着実に問題解決に向けて取り組んでいきます!

Twitter
外部リンク
カレンダー
2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
サイト管理者
横浜市会 安西英俊
anzai@anzai-hidetoshi.com