menu

安来市広瀬町東比田の永田地区においてここ近年町おこしの一つとして開催されているシバザクラ祭りに行ってきました。メインステージでは11時から近藤市長、田中県会議員など来賓の皆さまを迎え、ステージイベントが行われていました。私は、姉と、姪っ子と3人でスタンプラリーに参加し、ゆっくり東比田の田んぼ周辺を歩きながら、爽やかな春の1日を満喫しました。歩いていると多くの知り合いの方にお会いし、その度にしばしの語らい…。これがまたとても良かったです。
とてもいい天気に恵まれ、久々に歩きながら自然の風を感じ、私の大好きな安来に触れることが出来とても満足できました。
家に帰ってからは、我が家の庭の草も目立つようになっていて、草取りに励みました。少々無理をしたかも…両腕が痛い…でも綺麗になった庭に満足、満足!

本日午前中、松江市内と安来市内で公明党松江総支部ゴールデンウィーク街頭演説会を行いました。
とても暑い日でしたが、車から、また買い物帰りの方に手を振ってご声援をいただきました。ありがとうございました。
本日の街頭演説会メンバーは吉野和彦島根県議会議員、篠原栄、田中明子、長谷川修二、太田哲の4人の松江市議会議員、それと私でした。
皆さま、ゴールデンウィーク楽しくお過ごしくださいね❣️

28日、東京で会合があり姉と共に参加しました。
娘の所で2泊し、先ほど帰ってきました。
娘の通う大学にも行ってきました。姉も子供2人が卒業してからは一度も行ったことがないとの事で、久々の大学見学となりました。この大学は最近、いろんなドラマのロケに使われることが多く、昨年放送された、「99、9」で度々使用された階段がどうしても見たく、娘に案内してもらい、記念に一枚!
何ともミーハー(ミーハーなんて今時言わないかな?年齢がわかる(笑)
夜は娘がよく行く焼き鳥屋に行き、マスターに日ごろお世話になっているお礼をしました。そして、娘のアパートまで送っていただきました。感謝です。
色々な人たちに支えられ、娘もあと少しの大学生活となりました。
今年は就活!頑張って欲しいです。母は陰ながら祈っています!

今、我が家の庭は花盛り!
牡丹、しゃくなげ、ピンクと白のツツジなど。
平成元年に亡くなった義母が亡くなる少し前に、大根島から苗を買ってきて庭の花壇に植えました。それからかれこれ30年経ちますが、今年もきれいに咲きました。
義母とは私が嫁いで2年間しか一緒に暮らすことができませんでしたが、少女のように純粋で、優しい義母でした。毎年、このピンクの牡丹を見ると義母と重なり、色々な事を思い出します。
もっと長生きして欲しかった…。もっといろんな話がしたかった…。
お義母さん!今年もきれいに花が咲きましたよ!

100万人訪問・調査運動を少しづつ進めながら、25日は党安来支部会を開催し、党員の皆さまと色々と懇談させていただきました。
26日午前中は加納美術館で、加納莞蕾が従軍画家として日中戦争の時描いた戦争記録画の原寸大パネルの公開に伴い、加納理事長、神館長、莞蕾の四女である名誉館長の加納佳世子氏より説明を受けました。
この戦争記録画「山西省潼関(どうかん)付近の追撃戦」の現物は、戦後アメリカ軍によって接収され、長くアメリカ本土にありましたが、昭和45年に日本政府に無期限貸与され、現在は東京国立近代美術館に収蔵されています。その、原寸大の複製画の公開が26日から始まりました。
佳世子名誉館長のお話は、父、加納莞蕾の平和を願う画家の原点がここにある。戦争の虚しさを感じ平和について考えてほしい。との事でした。誰よりも平和を願う莞蕾の迫力のある記録画に改めて、平和について色々と考えました。多くの方に見てほしいと思います。また、現物を東京国立近代美術館より加納美術館に移したいと要望されていますが、なかなか手続きなどが複雑で難しいようです。
現物はもっと迫力のあるものだと思います。佳世子名誉館長たちの思いが伝わる事を願っています。
26日夜は、安来市内5つの中学校別に開催された「議会報告会」の伯太中学校区の安田交流センターで行われた報告会に行かせていただきました。様々なご意見を伺いました。大切にし、しっかり市政に生かしてまいります。

今が旬の筍が食べたくて、道の駅「あらエッサ」に行きました。
安来の島田産の筍はとても柔らかく美味しいと言われています。我が家の周辺の竹やぶでも筍が掘れ、近所の方からいただきますが、今年はまだ掘れないようで、とにかく美味しいと言われる島田の朝採れ筍を求めあらエッサに行きました。すると、私の大好物、わらびもあり購入。筍はとても柔らかく、わらびはあく抜きをしていただきました。ぬるっとした食感がたまりませんでした。
イカのお刺身、小松菜の卵とじ、牛肉と玉ねぎの炒め物と一緒に 色気のない食卓ですが、息子と2人美味しくいただきました。
満足!満足!

市民相談の対応で伯太庁舎に行きました。
庁舎周辺はチューリップの球根栽培が盛んで、一昨日はチューリップまつりが開催され、賑わったようです。私は、親戚の法事があり残念ながら参加することができませんでしたが、このように綺麗なチューリップを写真に収めることができ良かったです。

昨日の夜、視察最終の熊本から帰ってきました。
今日が熊本地震から2年になりますが、市内はまだ復旧工事をされていて、阿蘇の山々もところどころ崩落していて、地震の大きさを改めて実感しました。島根でも先週大田市を震源とする地震がありました。我が家も揺れました。北海道もあったようです。頻発する地震にとても恐怖を感じますが、いざという時どう行動するか、家族で再度確認し、落ち着いて行動できるようにしていきたいと思います。
改めまして、地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
今日は、午前中、恒例の松江総支部の街頭演説を田中明子松江市議と太田哲松江市議の3人で松江市内で行いました。
手を振ってくださった皆さまありがとうございました。
その後、市民相談対応など、今日も充実した一日でした。

昨日に続き、九州に視察に来ています。
今日は、長崎県島原市の島原振興局農林水産部農業企画課島原・雲仙・南島原地域普及課に伺い、島原半島の農業振興、山地の強化・育成に係わる労力支援、フードクラスター協議会の取り組みについてなど島原の農業振興の現状についてお話を伺いました。
島原半島の農業総生産額は県全体の44、6%を占めているとのこと。農産、園芸、畜産のバランスの取れた農業を展開されている様子を伺いとても参考になりました。
雲仙普賢岳にも行きましたが、火砕流の被害状況を目の当たりにして、今も少し煙も出ていて2度と同じ災害が起こらない事をただただ祈るのみでした。

本日より、政進クラブの皆さまと一緒に視察で長崎市に来ています。
「斜面地・空き家活用団体つくる」代表 岩本 諭さんが運営されている
「つくる邸」に伺いました。
岩本さんは、大学で斜面地の研究をしてこの街が好きになり、10年間空き家だった築70年の古民家を見つけ、約半年かけて住める状態にし、ここを活動拠点にし、空き家を活用してどんな街にしたいか、どんなことをしたいかと常に考えながら、地域の皆さまと一緒になって暮らしを通して地域の魅力を高め、SNSで活動を発信されています。
ただ空き家に住むのではなく、そこから地域の皆さまと一緒に地域を盛り上げる。とても熱意を感じました。
素晴らしい若者に出会いました。新たな発想での空き家対策だと思いました。
頑張ってください!
安来市にも色々と参考になるお話を伺いました。ありがとうございました。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
安来市 佐々木厚子