本日は安来市議会島根原子力発電対策調査特別委員会で、静岡県御前崎市にある中部電力浜岡原子力発電所を視察させていただきました。
浜岡原発は、現在1,2号機の配置措置が行われており解体撤去作業が進んでいます。島根原子力発電所も1号機の廃止措置計画が国の認可を受け、7月28日から作業に着手しました。
安来市は、この島根原発の30キロ圏内に約80%が入ります。
今後島根原発の廃止措置が長い年月をかけて、どのように安全に作業が進められていくのか?安来市にとっても重要な問題です。
本日は、廃止措置部の担当の方からとても分かりやすく説明をしていただきました。中でも解体撤去物の対策がすごいと思いました。
廃棄物をなるべく出さない、リサイクルできる物はリサイクルし活用する。その計画がとても緻密でした。長い年月をかけても無事故で確実に行うことの重要性を学びました。
本日は、1,2号機の原子炉建屋内に入り、説明をしていただきましたが、担当者の分かりやすい説明と、熱意に島根原発も同じ思いで今後の作業を進めていただきたいとしみじみ思いました。
とても素晴らしい視察でした。関係者の皆さまありがとうございました。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
安来市 佐々木厚子