昨日、今日と安来市議会島根原子力発電対策調査特別委員会で関西電力高浜発電所と周辺自治体の住民避難計画を学ぶために、京都府舞鶴市に行ってきました。
高浜発電所の津波対策、竜巻対策などの絶対起こってはならない事態に備えるために、何重にも対策がなされていました。福島での事故以来、原発に対する住民の意識が大きく変わり、国の規制基準も大きく変わってきたことから、想定される様々な安全対策をされていました。
原発再稼働には問題が山積みです。そもそも再稼働することはほんとうにいいのか?ここまで再稼働するための安全対策に多額の資金を費やしてきたものを中止にしていいのか?中止した場合それに変わりうる代替エネルギーを安定的に提供できる方法はあるのか?
ほんとうに正しい選択は何なのか?慎重に考えなければならないことだと思います。

舞鶴市は、高浜原発と大飯原発の2つの原発の周辺自治体として、市民の皆さんに分かりやすい避難計画が作成されていました。市民の安心と安全を守るための対策は慎重な上にも慎重に行っていかなければなりません。とても勉強になりました。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
安来市 佐々木厚子