本日「安来市健康福祉センター」において、医療・介護・福祉関係者及び、民生委員、自治会、交流センター、地区社協関係者、市議会議員などが参加して、安来市地域ケア推進会議が開催されました。
初めに「地域で最後まで住み続けるために」なぜ地域包括ケアシステム構築が必要か〜新しい地域支援事業と住民主体の地域づくり〜 と題して、公益財団法人さわやか福祉財団 戦略アドバイザー 土屋 幸己氏の基調講演がありました。
今、地域支援事業が歴史的に大きく変わる時であるとし、これからは行政指導ではなく、地域ボランティアにお願いしないといけない時代に入って来た。だから、もっと一人一人が意識を変え、自分たちの地域のこれからのあり方を考えていかなければならないとの話で、全国の事例を紹介され、とても参考になりました。
その後安来市の新しい総合事業についての報告がありましたが、なんの具体的な話はなく、えっ?これで大丈夫?と土屋氏の話を伺った後だったので、安来市のこれからが少々心配になりました…。
一人一人の意識を大きく変え、今までと同じ考えでは住み慣れた地域で最後まで暮らしていくことはできないと思いました。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
安来市 佐々木厚子