公明党 鶴ヶ島市議会議員 山中もとみつ(山中基充)の公式ホームページ

サイボクハム

活動 研修 / 2017年1月19日

日高市、鶴ケ島市、坂戸市、東松山市の4市議員合同研修会。

今回は日高市が幹事市で、年間400万人の観光客の要の「サイボクハム」の笹崎社長の講演。
まず大沢日高市議会議長、谷ヶ崎市長のご挨拶。
そして、
「豚がいる教えてくれた地方創生」笹崎 静雄サイボクハム代表取締役社長の講話。

議員も社長も定年がない。強いて言えば成熟した時。成熟の先、腐るか、種を残すか。
豚足、お乳が出る。豚は実は内臓。サイボクハムの入口には、先ずは内臓コーナー。
豚の胎盤、プラセンタ大変人気、などの話や先代が、戦争で疲弊する母国の再建のために養豚業を起こされた話など、厳しい畜産の現状の中発展されてきた挑戦者としての姿勢を伺いました。