公明党 鶴ヶ島市議会議員 山中もとみつ(山中基充)の公式ホームページ

議会開会中の駅立ち

未分類 / 2016年3月2日

いよいよ、議会が始まり、月曜日は深夜3時まで(*ノωノ)予算の質疑の通告を書いていたりして、朝駅に立つどころではありません(^-^;でした。
本日も文教厚生常任委員会で自分の委員会ですが、頑張って立ちました。
それにしても寒いっす。

議員報酬の議議案提出

未分類 / 2016年3月2日

総務、産業建設常任委員会
私が提出者になっている議議案が審議されました。
 鶴ヶ島市議会議員報酬を役職のない議員で2万8千円上げる条例改正案が提出され、それに対して2万円を報酬に、5千円を政務活動費にそして3千円は所管事務調査費(これは後で予算の組み替え動議)をするべく議員提案条例を提案。
 説明員として委員会で質疑に答えました。
 議員の報酬は地方自治法203条で規定され、平成20年改正で他の非常勤職員と違う選挙で選ばれた公選職の意義を込め議員報酬という単語が生まれています。それでも、あくまで何かを行った事に対する対価である報酬。であるならば、より公表される政務活動費や所管事務調査費に振り分けるアイデアを示し、そして、その行動が対価に見合うか常に問われている、ゴールではなく、まさにスタートであると説明しました。
 会津若松市議会での視察で伺った「報酬と定数の審議は、特別委員会など立ち上げ市民を交えて意見を交換し十分議論した方がいい、これこそまさに民主主義の姿」とのエールに応えられず、議会にとって千載一遇の機会を逸してしまい、自分の力のなさを痛感していますが、この議議案でまいた種がいつか芽吹くと信じています。
 もっと身近な議会へ、もっと確かな議会へ