menu
バックナンバー 2008年 1月

 山口市徳地の徳地保健センターで行われた、移動市長室に参加させていただきました。

 元気に公務に復帰された渡辺市長のとの語らいの場に30名の市民が参加され、有意義な語らいの場となりました。

 今回のテーマは、「子育てについて」と「阿東町との合併協議と今後のまちづくりについて」の2つの視点。

 「子育てについて」では通学路や児童クラブ、幼稚園と保育園の一元化に関する要望があり、地域の特性を生かした取り組みを約束しました。

 また、「阿東町との合併協議と今後のまちづくりについて」では、合併に伴う中山間地域の具体的振興策の明示してほしいとの要望が寄せられていました。

 渡辺市長は市民から声の上がった諸課題に誠意を込めて対応されており、市民にとっては市政を身近に感じる良い機会であると思いました。

 渡辺市長は幼稚園・保育園の一元化に関連して、市街地特有の問題であると考えがちであるが、子供の少ない地域こそ大事なのかも知れないと認識を新たにされたり、それぞれの地域の特性に応じた市政としていかなければならないと発言されるなど、来年度予算への反映も視野に検討を約束されておりました。

 会場では河川管理に関する問題や総合支所の業務について質問がされる場面もあり、市民の皆様の声を直接聞くことの大切さを実感しました。

 予定されていた時間、1時間30分は「あっ」という間に過ぎたという感じでした。

 これからも随時開催されるであろう移動市長室には、より多くの市民の参加を希望します。

就任2年を迎える、渡辺純忠山口市長の選挙時に掲げたマニフェストに対する評価・検証を行う、ローカルマニフェスト検証大会が行われました。

 四年の任期の半分を過ぎた、昨年に行われる予定でしたが、諸事情により延期されていたものです。

 福祉行政や合併問題など、広範囲にわたる検証がなされており、大変有意義な会合でした。

 この大会を企画された、(社)青年会議所の方々に敬意を表すと共に、山口市政の発展のために我々議員も頑張っていかねばならないと決意を新たにしました。

 きらら公園多目的ドームにて開催された、山口市成人式に参加させていただきました。

 また、成人式に先立ち、会場に程近い交差点で街頭遊説を行いました。

 街頭遊説では、新成人の皆様にお祝い申し上げるとともに、若者の声を政治の場に届ける公明党の実績をアピールさせていただきました。

 山口市議会の公明党議員団も「市民の声を市政に届ける」との使命を忘れることなく、これからも三人力を合わせ頑張ってまいります!!

 公明党新春賀詞交歓会が、ホテルかめ福にて開催されました。

 党からは桝屋敬悟衆議院議員(山口県本部代表)を始め、斉藤鉄夫政調会長、漆原良夫国会対策委員長、谷合正明参議院議員、山本博司参議院議員が参加しました。

 賀詞交歓会に先立ち行われた、国政報告会では三人の国会議員(桝屋・漆原・斉藤)から、「ねじれ国会」における公明党の戦いについて報告がありました。

 非常に難しい国会状況だからこそ、公明党の存在、役割が大きくなっている。公明党の政策実現が国民生活を守ることにつながることを訴えました。

 山口県知事二井関成を始めとする御来賓の方々からも御祝辞をいただき始まった賀詞交歓会には、会場から溢れんばかりの方々に御参加いただきました。

 公明党山口総支部として、今年一年のスタートを最高の形できらせていただきました。

 

 

 研究会委員でもある村上満典は、会派を代表して参加させていただきました。
 現在、山口市は「自治体の憲法」とも表現される「まちづくり基本条例」の策定を目指し、市民会議の方々を中心に条例内容の検討を進めています。
 「議会基本条例」は、言わば「議会の憲法」であり、本年12月議会の上程を目指しています。

 

 昨年の12月議会の内容をお届けする、「市議会だより」の編集会議が開かれました。

 「市議会だより」は、山口市議会の内容を市民の皆様にお伝えするため、各ご家庭に配布されるもので、年4回発行されています。

 今回の内容は、昨年12月議会のもので、2月1日発行予定です。

 村上満典は、昨年より編集委員として編集作業に参加しております。

 編集作業に携わるものの一人として、一人でも多くの方に読んでいただきたいと思っております。

 そのためにも、充実した内容にしていかなくては・・・と、編集委員一同、頑張ります。

 市内名田島の山口南総合センターホールにおいて、山口市消防出初式が行われました。

 式典の後、グランドに場所を移して、市消防職員や消防団員が参加しての観閲行進や一斉放水などが行われました。

 気温が思ったほど低くならなかったためか、多くの方の参加がありました。

 近年、全国各地で多発している災害は、規模の大小を含め、多種多様であります。

 そんな中、暮らしの安全への関心は高まる一方であり、地域防災組織の充実は重要な課題の一つです。

 地域防災について、より一層の取り組みを決意しました。

 1月2日、大内御堀のイズミ前にて、桝屋敬悟衆議院議員らと共に街頭に立ちました。

 村上満典は原・佐田両山口市議、石丸県議の他、防府市・萩市・阿東町の各公明党議員らとともに道行くドライバーの皆さんや初売りに向かう市民の皆さんに、公明党の取り組み、実績を訴えました。

 本年も、我々公明党議員は「大衆とともに」の原点を胸に、どこまでも国民の視点で精一杯頑張ってまいります。

Twitter
外部リンク
活動報告バックナンバー
サイト管理者
山口市 村上満典