menu

身近なことや地元での実績です。



●湯田地区に「(仮称)多世代交流・健康増進拠点施設」

(仮称)多世代交流・健康増進拠点施設の検討位置図(平成30年度山口市当初予算資料より抜粋)

(仮称)多世代交流・健康増進拠点施設の検討位置図(平成30年度山口市当初予算資料より抜粋)

ほぼ、市議会定例会で質問

生涯活躍のまち構想推進事業として、(平成30年度は 60,000 千円予算)平成28 年度に策定した「山口市生涯活躍のまち構想」に基づき、多世代が活躍し、移住・定住できる社会基盤の整備が進められます。この構想で重点エリアのひとつと位置づけられたのが地元・湯田地域であり、地域資源である「湯田温泉」を活用し、交流や定住の促進につながる「(仮称)多世代交流・健康増進拠点施設」の整備について、平成30 年度に整備方針となる基本計画が策定される運びです。

湯田地域交流センターの周辺には、老朽化した公共施設もあり、また、協働によるまちづくりの進展により湯田地域交流センターも狭隘化しており、あわせて地域福祉の拠点である湯田地区社会福祉協議会の建物も老朽手狭となり、様々な要素を集約し、行革の一環として複合化した施設の建設を提案し続けてきました。



 ●期日前投票の宣誓書を投票所入場券裏に印刷

山口市長選(H25.10.27)の際の宣誓書

山口市長選(H25.10.27)の際の宣誓書

平成25年 第2回定例会定例会で質問

これまで、期日前投票には投票所に行って宣誓書に記入するか、山口市選挙管理委員会のホームページに掲載されている宣誓書をダウンロードして記入して持参する方法がありました。

「投票所入場券と宣誓書を同封するか、投票所入場券の裏面に宣誓書を印刷できないか?」の質問をしたところ、「選挙人の利便性の向上や投票率アップが期待できることから選挙管理委員会として早期の実現に向けて検討したい」との答弁がありました。

早速に具体的な形として実現していただきました。

投票所で宣誓書に記入するのはドキドキするとか、パソコンが無いのでインターネットが見れないと言った声が聞かれたことから、こういった質問をしたところです。

ぜひぜひご活用いただき、投票所に足を運んでいただきたいと思います。 



●山口市役所1階フロアの窓口リニューアル

平成23年第3回定例会で質問

窓口レイアウトがリニューアルされたフロア

窓口レイアウトがリニューアルされたフロア

山口市役所の1階の市民課や保険年金課など、市民の皆さんにとって最も身近な部門が多くありますが、建物の造りが古いのと大学の旧校舎を利用しているため、スペースや形状に限界があり、市民の皆さんにとって非常にわかりにくいものでした。

会派での視察で岡山県の新見市を訪ねまして、リニューアルされた窓口を見ました。また、お隣の萩市でもリニューアルをされていたので、定例会で「市民にわかりやすい窓口」と題して質問をいたしました。

ロビーにある案内板

ロビーにある案内板

答弁も前向きで、行政改革の中で、市民にわかりやすい窓口レイアウトを庁内で検討して早期に実施したいとありました。

平成24年度に改修が実施されました。限られたスペースの中で、色や文字を工夫して、できるだけわかりやすくなるよう、努力をしてくれたと思っています。また、正面入り口の自動ドアから来庁者が入りますと、「1階窓口のごあんない」のボードが設置してあり、自分の用向きの部門はどこかが色分けで明示されています。

 



 

これからも、しっかりと聞いて、しっかり動いて、喜ばれる実績を作っていきます!



其原義信ツイート
公明党広報ツイート
外部リンク
Facebook
最新情報 バックナンバー
サイト管理者