menu

◯ 6番 其原義信議員

 公明党を代表いたしまして本定例会に上程されました議案第1号から議案第46号については賛成の立場で、また、先ほど提出されました第8号の修正案については、反対の立場で討論に参加をいたします。

 本定例会は、平成25年度予算編成方針を受けまして、来年度の山口市のビジョンや山口市総合計画を中心に活発な議論がなされたところでございます。議案への態度は先ほど申し上げたとおりでありますが、そのうちの数点につきまして、指摘なり要望を申し上げたいと思います。

 まずは、議案第8号山口市保育所設置及び管理条例の一部を改正する条例について申し上げます。山口市立の仁保幼稚園と小鯖幼稚園に、山口市立の認可外保育所を併設するというものであります。異例ではありましたが、健康福祉部と教育委員会の両部局が出席しての集中審議を行ったことについては御案内のとおりでございます。

 国においても、幼保一体の議論がなされ、子ども・子育て3法により、地方においても本格的、総合的に保育計画を立てなくてはならない局面を迎えてまいりました。しかしながら、まだまだ国でさえも議論が複雑な中において、いわば山口式のこども園とでも申しましょうか、今回の議案については、地方における議論が熟していない中での一施設二制度運営は、現状では無理があると感じざるを得ず、拙速過ぎる感が否めません。

 何よりも、家庭から大きな一歩を踏み出し、集団生活を通して教育を受け、また、保育を受ける子どもたちが発達段階において非常に大切な時期を迎えるわけでありまして、子供たちこそが主役であります。家庭環境や背景も違う子供たちであり、教育を受けたいのと、また、保育を受けたいのと全く違うわけでありまして、その教育と保育を単純に突合させるとは、子供たちの健全な心と体を守る意味では大変に不安を感じてしまいます。

 そのような中、先ほども申しました今回の集中審議において議論を重ねさせていただき、執行部より得た回答は、あくまでも中山間地における待機児童を解消するための即効性のある施策であるということ。関係者に対して手順を踏んで説明はしてきたということ。山口市の保育にかかわって頑張っておられる私立保育園の方々への民業圧迫であったり、悪影響が及ぼさないということ。市立認可外保育所は、あくまでも補完的な緊急措置であるということ。子供たちための設備や環境など、今あり、またこれからも発生するその課題についても誠実に対応していくということ。健康福祉部、教育委員会の2部局が投げ合いをせず、健康福祉部が主管となって、プロジェクトチームをつくって対応されるということなどの旨の回答でありました。

 両部局とも強く決意を述べられていたことを重く受けとめるとともに、その発言を信じ、さらには、子供たちや保護者に寄り添う取り組みを第一として、携わる教職員の職場環境にも従前以上に配慮をされ、私立の保育園、幼稚園、また、業界の皆さんへも最大限に配慮されることを強く指摘、要望するものでございます。

 以上、申しましたことが市長議案に賛成、また修正案には反対の理由になろうかと思います。

 次に、議案第27号から議案第42号までの指定管理者の指定について申し上げます。

 過去においての指定管理者の選定に当たっての苦い経験を生かされ、指定管理者選定ガイドラインを改められての指定管理者指定でありました。プレゼンテーションを40分から50分に拡大、また、外部審査委員も多くされ、市の施策への貢献や地域貢献などの項目を設けて、より多くの公募参加、希望者に応募しやすい体制を整えられたことは、これを是として評価をしたいと思います。

 そういった中にありまして、今回の審査の結果、指定管理者が入れかわる事態が発生した施設につきましては、入れかえの際であったり、また、入れかえた後に、利用者へのサービスの低下が生じぬよう、最大限の配慮を強く求めたいと思っております。

 また、今後とも、質、量ともに利用者へのサービスの低下が生じぬよう、公正、公平な公募選定に努められるとともに、ふるさと産業振興条例の理念に基づいた市内経済循環についても、しっかりと念頭に置いた取り組みを重ねて要望しておきます。

 また、指定管理者の選定について、もう一点申し上げます。指定管理者の選定については、地域の特性や施設を設置する当時からのいきさつなどから、非公募による選定をされる施設があるということについては、一定の理解をしておるところではございます。

 ところが、指定管理者選定ガイドラインの中には、指定管理者の選定は、原則公募とされているところでありまして、市民サービスの向上、すなわち競争の促進によります市民負担の軽減とともに、公正、公平の観点から市民理解の促進を図ることが重要となってくると考えております。今後の選定に対しましては、こういった点も踏まえ、再度の御検討を強く要望させていただきたいと思います。

 以上で、討論とさせていただきます。

其原義信ツイート
公明党広報ツイート
外部リンク
Facebook
最新情報 バックナンバー
サイト管理者