バックナンバー: 2012年 8月

山鹿市内6校の中学校より13名が参加し(議長職1名を除く)12名が市執行部に対して質問をしました。内容的には、街並みを美しくする景観について、少子高齢化対策、農林業の活性化についてどのような対策が取られているか等の質問があり、執行部より丁寧な答弁がなされていました。議会体験により、子どもたちの健やかな成長を助長することをひとつの目的に開催されました礼儀正しく元気一杯質問する姿に感動しました

8月6日(月) 県内の各小・中・高等学校及び特別支援学校の校長、副校長、教頭、PTA会員、県民の方を対象にした防災教育研修会が熊本市内で開催されました。内容としまして、県内の防災教育の現状と課題についての説明があり、続きまして、被災地派遣を終えての報告。命を守る主体的姿勢を育む防災教育~大津波から生き抜いた釜石の子どもたち、その防災教育から学ぶ~について、群馬大学大学院工学研究科 片田敏孝教授より講演がありました。貴重な研修を受講させていただきました。