バックナンバー: 2008年 7月

 研修先 熊本地方裁判所 ♦ 山鹿・植木広域行政事務組合消防本部  熊本地方裁判所では、平成21年5月までに始まる◎裁判員制度についてのビデオ観賞の後、制度についての説明を受けました。 消防本部 山鹿消防署では、新消防署内の視察および高機能消防指令システムの説明を受けました。

◎ 裁判員制度とは、国民から選ばれる裁判員が、刑事裁判に参加する制度です。平成21年5月までに、全国60か所で始まります。 裁判員等になる確率(1年間で裁判員または補充裁判員になる確率は約4,000人に1人だそうです。いずれにしましても、判断力のいる仕事と再痛感しました。 消防本部 山鹿消防署では、高機能消防指令システムが完成 最新鋭の機能を組み込むことにより、119番通報受信から災害現場出動までの時間を大幅に短縮し、確実な指令を出すことができるため、現場でのより確実適切な対応が可能となりました。

7月22日(火)多賀城市視察(少子化対策プロジェクト)について子ども福祉課より説明をいただく。合計特殊出生率は全国1・32・県1・25 平均より高い1.68(平成18年度) 出生数についても、県内2位の685名〜7月23日(水)気仙沼市視察(三日町三丁目地区市街地再開発整備事業の説明をいただく。

多賀城市の概要 世帯数 24,033世帯 人口 62,567人 4つの駅がありベッドタウン的要素がある・・・少子化プロジェクトの詳細について 1・放課後児童健全育成事業 2・子育てサポートセンター 3.ファミリーサポート事業 4・たがじょう子ども生活塾事業(予定事業)などの説明をいただく。 気仙沼市の概要 世帯数 23,090世帯 人口 66、423人 気仙沼市は、宮城県の北東端に位置している。市街地再開発事業(社会福祉施設・市営住宅・権利者住宅・コンビニ) 社会福祉法人 キングス・ガーデン宮城 建物名称 三日町キング・タウンを見学 構造規模 鉄筋コンクリート造8階建て、福祉施設は1階〜4階となっている。

今回、地元区を対象に開催・・・内容として(1)山鹿市地域包括支援センターによる認知症の出前講座(2)市政報告・・北原 (3)中嶋山鹿市長あいさつ (4)公明党県本部幹事長 城下県議会議員より挨拶をいただいた!その後市勢についての懇談会を実施。 

※認知症を知り地域で支えましょう!の題で先ず、ビデオ観賞、市職員による説明があった。現在全国で認知症高齢者は約200万人 出現率として、65歳以上で10人に1人・85歳以上の4人に1人だそうです。山鹿市におきましても高齢者に対し約10%の数字が出ているそうです。「市政報告」については、議会で、一般質問した要望が受け入れられた実績の紹介並びに地域サポートの現状等を説明しました。城下県議からは、公明党は庶民のために頑張る党と力説された。