バックナンバー 2017年 1月

例年の恒例行事である地元の四宮森児童館での餅つき大会が盛大に開催されました。

今回で32回(32年目)を迎えました。天候も良く、多くの地域の方々にご来場をいただきました。

近年では、四宮小学校のおやじの会や、JA東京中央井荻支店の若い方々の多数の応援があり、「付き手」の”世代交代”が見事に進んでいます。

 

私は、「井草民謡保存会」のメンバーとして参加。井草地域の伝統である「井草餅つき唄」で盛り上げました。

20170129-1

終了後の直会では、アンコールに応えて唄を披露しました。

20170129-2

地元の3町会をはじめ、育成委員会の皆さんや児童館関係者の皆さん、JA、おやじの会等、多くの方々による運営です。地域の絆が一歩深まるイベントとなりました。

 

またこの日は、区内6児童館でも餅つき大会が開催されたそうです。お隣りの上井草児童館でも開催され、私も半纏のまま自転車で移動し、短時間ですが参加させていただきました。

 

皆さん、大変にお疲れ様でした!

 

以前より日本の最も大きな課題として挙げられているのが「人口減少」です。

最近、この点に関する書籍を2冊立て続けに読みました。いずれの書籍も、日本が直面する人口減少という状況はとかく衰退というネガティブなニュアンスで言及されることが多いですが、決してそうではないという内容です。
 
◆「人口と日本経済 – 長寿、イノベーション、経済成長」 (中公新書) 

  著者: 吉川 洋(東京大学名誉教授)

20170124-1

著者でありマクロ経済学の専門家である吉川氏は、経済学の歴史において人口問題とどのように向き合ってきたのかを、詳細な学術的裏付けとともにわかりやすく解説しています。ケインズとシュンペーターの理論を主に引用しながら、経済成長の鍵を握るのはイノベーションであり、世界で最も長寿な国である日本にはそのチャンスがあると主張しています。
 

◆「武器としての人口減社会 国際比較統計でわかる日本の強さ」 (光文社新書)

  著者: 村上 由美子(経済協力開発機構(OECD)東京センター長)
20170124-2  
著者の村上氏は、国連やゴールドマンサックスなど、国際的な舞台で経済活動に携わってきた経験を持ち、現在もOECDにおいて、詳細な統計データに基づき日本経済を分析しているキャリアの持ち主です。村上氏は訴えます、「少子高齢化はチャンス! 」と。少子高齢社会というのは労働力不足になることでもあり、それはイノベーションを生み出す大きなチャンスでもあるということです。

 

日本経済には、まだ潜在力があります。高齢ドライバーの事故対策、高齢者の見守り、生産効率の向上などに対して、AIやIoTの活用といった、先端技術の開発、実用化に力を注ぎ、「課題解決型」のイノベーションこそが、これからの日本の経済成長の牽引力でもあります。

  

先日、東京都が、世帯年収760万円未満の家庭を対象に、都内在住で私立高校に通う生徒の授業料を実質無償化する方針を明らかにし、平成29年度予算案として、約80億円を盛り込むことが報道されました。

 

これは、都議会公明党がこれまで主張し、小池都知事に対して要望を行ってきたものです。

都議会公明党は、年収910万円未満を対象として要望してきました。その考えとしては、現在、都立高校の授業料は年間11万8800円(2016年度)ですが、都内の私立高校の平均授業料は年間44万円に上り、公私立間に格差が生じています。この格差の解消をめざすため、私立高校に通い、保護者も都内に住む生徒に対し、国の就学支援金(所得制限あり)に加えて、世帯年収に応じて上乗せされる都独自の授業料軽減助成金(特別奨学金、所得制限あり)を推進してきました。20170119

その上で、都議会公明党は、都の助成金をさらに増額し、世帯年収約910万円(目安)未満の家庭が、国の支援金と合わせて計44万円を受け取れるよう提言していたものです。今回の小池都知事の英断は、都議会公明党の主張を一部受け入れたものであり、一歩前進です。

  
教育への投資は、子どもの可能性の芽を大きく育て、豊かな社会をつくる上でも非常に重要なカギとなります。日本は先進国の中でも教育への公的支出の割合が低いため、家計の負担が重くなっているのが現状です。教育費負担の軽減を進めて、希望する誰もが等しく教育を受けられる環境を整備することが必要です。
 

本日、区立八成小学校で、どんどやきが行われました。

年頭の恒例行事で、今年で39回を迎える地域の伝統です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、どんど焼きとは、1月15日である小正月に、お正月の松飾りや注連縄、書き初めなどを各家庭から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やし、一年間の無病息災を願うという、お正月の火祭り行事です。もともとは、神事から始まったらしいですが、現在では宗教的意味あいは少なくなっています。大きな火が焚かれるということもあり、杉並区内でもできる場所が限られており、現在では、この八成小学校ともう一つの小学校の2箇所のみとなっています。

 

子ども獅子舞が舞います。

20170114-1

点火がはじまりました。

20170114-2

勢い良く火が立ち上りました。

20170114-4

 

粉雪が舞い散る大変寒い日でしたが、準備にあたられた役員の皆さま、また、笑顔いっぱいに太鼓や獅子舞などのパフォーマンスをしてくれた子どもたちも、大変にありがとうございました。

  

成人の日、誠におめでとうございます!

 

本日、成人の日を記念して、公明党杉並総支部で、青年党員の皆さまとともどもに、JR荻窪駅前にて記念街頭演説会を行わせて頂きました。

IMG_2567

 

公明党は青年の活躍を全力で支援しています。昨年、若い世代の皆様のお声を広く伺うため、VOICE ACTION 運動を全国的に展開し、安倍総理につなげました。さらには、若者の代表とも懇談を重ね、若者のための政策を前進させてきました。先月まとまった与党の税制改正案や予算案には、若者の声を受け止め公明党が主張した内容が大きく反映されています。

まずは、賃上げ政策です。公明党は最低賃金を毎年引き上げ、全国加重平均で時給1000円を目指しています。賃上げを進める上で重要なのが、中小企業支援です。そこで、賃金を前年度に比べ2%以上引上げた中小企業に対して、賃上げ総額の22%を減税する大胆な税制改正を行います。さらに、非正規雇用の賃金水準を引き上げるための「同一労働同一賃金」を実現するガイドライン案が策定され、今後具体的な政策が推進されます。

昨年の12月19日には、公明党の働き方改革実現推進本部が安倍総理に提言を手渡しました。今回の提言は、同一労働同一賃金を実現のほか、長時間労働の是正や、女性・若者が活躍しやすい環境整備、障がい者の活躍推進など、2017年度の予算編成への対応を求めた内容になっています。公明党は、若者が将来に希望を持てる社会を構築するため、引き続き、政府に強く要望してまいります。

 奨学金の拡充については、公明党が約50年前から訴えてきた返済不要の「給付型奨学金」が、本年4月から一部先行して実施され、2018年度からは本格実施されます。対象は、住民税非課税世帯から1学年当たり約2万人で、経済的理由で進学を断念せざる得ない学生の進学を後押しします。また、低所得世帯の子どもを対象に、本年度の進学者から無利子奨学金の成績要件も撤廃されます。

これまで公明党は、携帯電話料金の引き下げやWi-Fi環境の整備、学生の就職活動をサポートするジョブカフェの充実やいわゆる「ブラック企業」対策を進める若者雇用促進法を成立させるなど、若者政策の実現に全力を挙げてまいりました。これからも、若者と政治の“橋渡し役”として、現場第一で働いてまいります。

 

*** 

 

また、本日は杉並公会堂で、成人祝賀のつどいが盛大に開催されました。

杉並区では、今年4718人の方々が成人式を迎えました。式典では、西尾正樹さんが代表して、「新成人の誓い」を述べられました。

杉並生まれで、小中高と杉並の学校を卒業した西尾さんは、これまでのご両親への感謝とこれから社会に羽ばたく決意を立派に述べられました。本当に凛々しい姿です。記念のツーショット。

20170109-2

新成人の皆さまの未来に多くの幸あらんことを心よりお祈り申し上げます。

 

 

本日、公明党東京都本部の新春賀詞交歓会が盛大に開催されました。

山口公明党代表をはじめ、二階俊博・自民党幹事長、小池百合子・東京都知事、三村明夫・日本商工会議所会頭ら政界、財界、労働界などから多くの来賓にご参加頂きました。

 

あいさつに立たれた小池百合子・都知事。

20170106-2

都議会公明党とは、「都民のために、都民の幸せのために都政がある」との考えで共通した認識があり、都議会公明党の真摯な議会質問により、都民にとって手厚く、安心できる都政を進めることができているとの評価を頂きました。そして公明党とはこれまで培ってきた信頼関係をベースにしながら、都民のための都政を確実なものにしていくため共に歩んでいこうとのエールが送られました。

 

7月の東京都議会議員選挙に挑戦予定の全候補が壇上にそろい踏みしました。

20170106-1

都政の改革を推進するため、断固全員の勝利に向けて総力を挙げて取り組んでまいります!

  

本日、JR阿佐ヶ谷駅にて公明党杉並総支部(総支部長:松葉多美子都議会議員)の新春街頭演説会を開催いたしました。

20170104

昨年の御礼と今年の抱負について、一人ひとり挨拶をさせて頂きました。

20170104-2

「10年ひと昔」は過去の話。変化の激しい現代では、1、2年が遠い過去のような感覚です。アンテナを張り巡らし情報を敏感につかみとる一方で、広い視野で物事をとらえ本質を見極める感性を磨いていかなければ、時代に追い付いていけません。今年は、「挑戦」「学び」「開かれた対話」で議員力・人間力を高めていきたいと思います。

 

話は変わりますが、今年の正月は、箱根ニューイヤー駅伝で、母校の創価大学が2回目の出場にもかかわらず総合12位と大躍進を果たしました。偉大な後輩の力走をテレビで観戦し、大きな勇気をもらいました。刺激されて、汗を流しに済美山運動場に行きました。いつ来てもきれいな運動場です。

20170104-3

今年のお正月は温かくて過ごしやすかったですね。

 

 

2017年、明けましておめでとうございます。

昨年は全国の党員、支持者の皆さまの絶大なご支援により、参院選で公明党は過去最多の14議席を獲得し、全ての統一外地方選挙で勝利するなど、大きく党勢拡大を果たすことができました。改めて御礼申し上げます。

 

東京都においては、昨年、小池百合子東京都知事が誕生し、「都民ファースト」の都政改革が進められています。

小池知事が掲げる改革の方向性は都議会公明党がめざす改革と大筋で一致していますが、具体的な政策課題については、都民目線から是々非々で判断している立場をとっています。
 
都議会公明党は、1955年の都議選に大田区で初勝利してから始まり、一貫して「大衆とともに」との原点に立ち、都政改革を断行してきました。今、新時代の都政構築へ改革を進めるため、都議会公明党は「3つの挑戦」を掲げています。その第1が議員報酬の削減など「身を切る改革」です。第2に私立高校の授業料無償化を前進させる取り組みです。第3に2020年東京五輪・パラリンピックをめざし、世界に誇れる“バリアフリー先進都市”を築くことです。何としても実現を勝ちとっていきたいと思います。

 

転換期を迎えている東京都政において、松葉多美子都議会議員(杉並区選出)を筆頭に、都議会公明党が改革の先頭に立って都民の皆さまのご期待に応えられるよう全力で働いてまいります。

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 

カレンダー
2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Twitter
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
杉並区 中村康弘
nospampls543@gmail.com