バックナンバー 2016年 12月 25日

12月19~21日の2泊3日で、大韓民国ソウル特別市瑞草(ソチョ)区を訪問しました。

訪問の背景としては、去る10月に瑞草区長より、田中杉並区長、井口杉並区議会議長あてに、両区の友好提携25周年を記念する式典への招聘があり、それに応えて派遣団(区役所から区長、担当の部課長他、通訳を含む6名、区議会から副議長他5名)として訪問をしたものです。

  

瑞草区とは、平成3年12月に杉並区において友好都市協定の調印がなされ交流事業がスタートしました。その後、代表団の相互派遣や職員の研修派遣、更には少年サッカーチームの親善交流試合、防災シンポジウムへの参加など、親密な関係が25年間続けられてきました。

瑞草区は、ソウル市内の中心部から南側へ車で約30分のところに位置しています。区の北側には漢川(ハンガン)が流れ、南側は牛眠(ウミョン)山と清渓(チョンゲ)山に囲まれており、ソウル市25区の中でも緑豊かな住宅都市です。

  

到着の初日には、趙恩禧(チョ・ウンヒ)区長の主催による、晩餐会が開催されました。写真中央の女性が趙区長です。

20161225-2

 

二日目は瑞草区役所を訪問。同区は、ソウルオリンピックの年(1988年)に隣の江南(カンナム)区から分離してできた新しい区で、区庁舎も近代的できれいな建物です。玄関前では、多くの区役所職員の方が日本と韓国の国旗を持って大歓迎をしてくれました。

20161225-5

区役所では、区・区議会の幹部の方々も同席のもと、25周年記念式典が開催。区民の方々による歌と楽器の演奏で歓迎を受け、その後、「東京都杉並区とソウル特別市瑞草区との友好都市協定25周年宣言合意書」に田中・趙両区長により署名されました。

20161225-4

合意書20161220

 

その後、同区内にある国立「芸術の殿堂」(芝居、オペラ、コンサート等観劇用のホールが集積した施設)とSumsung のR&Dセンターの視察を行いました。いずれも世界最先端の充実した施設です。国立・民間それぞれのものですが、地域住民に広く開放されたスペースが設けられており、周囲のまちづくりにも多大な貢献をしています。

ソウル市内は観光バスで移動しましたが、約10年前会社員の時代に出張で訪れた時と比べて、発展著しい街並みと高級車が多く走っているのが印象的でした。

20161225-6

ソウル市役所も訪問。90年前に建てられた旧庁舎も保存して市立図書館として利用しており、その裏には2012年に新築された最新の市庁舎が雄大にそびえ立っています。

20161225-7

20161225-8

 

途中、大統領官邸(青瓦台)前を通りました。大きなデモには遭遇しませんでした。

20161225-1

二日目の夜は、金秀漢(キム・スハン)議長主催による議員間の交流晩餐会も行われました。心通う楽しい時間を過ごしました。

 

韓国と日本には、外交上や、歴史認識に伴う様々な問題が現存していることは事実で、個々人においても立場や主張に様々な考えがあることは当然だと思います。しかし、今回の訪問において、私は何人かの方々と個人的に深い友情を結ぶことができました。私は、世界の平和のためには、国境、文化、宗教、言語や立場等を超えた、一人一人の人間としての交流、友情の構築が何よりも大切であると考えています。そういう意味において、短い時間でしたが、大変貴重な経験をさせて頂きました。また、瑞草区の担当職員の方々には、本当に心温まるホスピタリティをして下さいました。全ての関係者の方々に心より感謝を申し上げます。

 

 

カレンダー
2016年12月
« 11月   1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Twitter
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
杉並区 中村康弘
nospampls543@gmail.com