Twitter
外部リンク
サイト管理者
和束町 竹内きみ代
t-kimiyo@mta.biglobe.ne.jp

1、地方創生推進交付金の申請について。

①どのような内容を検討しているのか。

答弁:湯船森林公園をサイクリストの拠点に位置付け、全国規模の大会ができるマウンテンバイクの公認コースの整備を行う。民宿や民泊施設の周遊観光を促進することで交付金の申請をしている。

②企業版ふるさと納税についての考えを問う。

答弁:地域再生計画を策定し、内閣総理大臣の認定を受けることや企画立案段階で企業への事前以来を行う必要があり検討する。

2、高齢者支援の推進について

①介護支援ボランティアのポイント制度を検討しては。

答弁:高齢者の皆さんが地域で貢献できるよう事業実施に向けて調査研究する。

②ふれあいサロンの充実についての考えを問う。

答弁:将来的には介護予防の場として活用したい。開催回数も含め社会福祉協議会と協議を進める。

3、自殺防止対策について

①現状をどのように把握しているか。

答弁:平成21年から27年までの自殺者は10人であり、府の平均より高い数値となっている。

②自殺対策基本法が改正され、本年4月から対策計画が町村にも義務付けられたが対応は。

答弁:相談窓口を記載したチラシの配布や啓発物品の活用と府の計画に基づき連携した事業を進める。

4、町オリジナルの婚姻届について

①本町の婚姻届数の推移と町オリジナル婚姻届の作成を。

答弁:婚姻届で数は年平均17件です。オリジナル婚姻届はデザイン等について検討し記念になるよう工夫する。出生届についても進める。

②新しい門出や記念日に庁舎内で茶畑景観パネル等を活用した記念撮影コーナーの設置を。

答弁:人生の思い出に残る結婚、出産やご縁があって転入された方などにも歓迎の気持ち、おもてなしの心を伝えるきっかけになるよう進める。

 

コメントは受付けていません。