Twitter
外部リンク
サイト管理者
和束町 竹内きみ代
t-kimiyo@mta.biglobe.ne.jp

朝7時に家を出発して、京都府立林業大学校と京丹波町で建設中の畑川ダムを視察研修しました。

京丹波町では、水道の水源が枯渇したり、取水量が低下する渇水被害や台風、集中豪雨による家屋や田畑への浸水被害が発生していたため今回、安定した生活用水等の確保と洪水の被害を防ぐため、「畑川ダム」建設が進められていました。(畑川ダム 高さ34m 貯水量196万㎥)

平成15年に町道の付替工事から始まり、本年のダム本体最終工事までの長い年月をかけられた工事の説明に、一つの歴史を感じるとともに関係者の努力と熱意を強く感じました。

 

また、西日本で唯一の林業専門の大学校として、今年4月9日に開校した京都林業大学校を視察しました。

同大学での教育理念は、これまでの森林・林業教育では期待できなかった人材育成や資格取得に取り組んでおられました。また、全国の自治体で初めて、最新鋭の高性能林業機械の操作研修を取り入れたり、地域との連携も深めながら、地域ぐるみで学生生活をサポートされている姿にも触れることができました。

卒業された人材が、一日も早く地域に羽ばたいてくれることを願いたいと思いました。

大変日差しが厳しく、とても暑い中での研修でしたが、汗を拭きながらの有意義な一日となりました。

 

 

コメントは受付けていません。