Twitter
外部リンク
サイト管理者
和束町 竹内きみ代
t-kimiyo@mta.biglobe.ne.jp
バックナンバー 2012年 6月

梅雨の晴れ間となった今日、ふるさとふれあい広場の清掃活動が太陽グループの方々により朝8時から行われました。

バスのロータリーとして住民の方々にも喜んでいたき、また、子どもたちの通学や遊べる場所として安心して活用されています。

公園の清掃活動を開始していただき、今年で満10年を迎えました。

本当に長い間、公園を守っていただき感謝に耐えません。これからもよろしくお願いします。とても蒸し暑い中での作業、大変ご苦労様でした。

 

全国過疎地域自立促進連盟第117回理事会が全国都市会館で開催され町長と共に出席しました。

はじめに、平成23年度事業報告及び決算報告があり、審議の結果全員賛成により可決されました。

次に平成25年度、過疎対策関係政府予算・施策に関する要望については、改正過疎法が施行3年目となることで、過疎債に対する需要が増大することが予想されることや東日本大震災により被災された地域では過疎債事業に大幅な遅れが生じていることで、過疎法の期限延長を強く訴えるなど、その実現に向けて要請活動を行ってきたところ6月8日の衆議院において、現行の過疎法を平成33年3月31日まで5年間延長することで合意した旨の報告がありました。

平成25年度、過疎対策関係政府予算・施策に関する事項について、特段の配慮をしていただくよう京都府選出の国会議員等にも強く要請しました。

 

平成24年度、和束町防災パトロールを山城振興局長や山城南土木事務所長など関係する機関の代表21名で町内の危険箇所をパトロールしました。

本町では、山林・法面崩壊危険予測箇所も多くあります。

昨年の台風2号及び豪雨により前面通行止めになっている府道和束井手線(和束町白栖地内)においての復旧工事は、7月末完了予定であり視察しました。

いよいよ6月3日から、相楽休日応急診療所が開設されます。

これまで京都府下で唯一、休日診療所が設置されていない相楽圏内でしたが、平成21年夏の新型インフルエンザの大発生の問題から検討を重ねられ、相楽医師会や府薬剤師会相楽支部の協力を得て、相楽会館1Fに「相楽休日応急診療所」が開設される運びとなり、本日開所式が行われました。

 

名   称:相楽郡広域事務組合相楽休日応急診療所

診療科目:内科・小児科

診   察:相楽医師会の医師が輪番で診察

診 療 日:日曜日、祝日、振替休日、年末年始(12/31~1/3)

診療時間:午前9時~午後1時

受付時間:午前8時30分~午後0時30分

所 在 地:相楽会館内