Twitter
外部リンク
サイト管理者
和束町 竹内きみ代
t-kimiyo@mta.biglobe.ne.jp

 

和束町商工会主催による講演会が開催され聴きに行ってきました。

テーマは「地域資源の活用をコミュニティビジネスにつなげるヒント」と題して「富士宮やきそば」による町おこしの仕掛け人・渡辺英彦氏の講師により開催されました。

渡辺氏は、「富士宮やきそば学会」を誕生させた後、急激に地域ブランド化した「富士宮やきそば」を行政予算を使わずに、6年間で出した経済波及効果は何と217億円とのことに驚きでした。

現在では年間60万人が富士宮市へやきそばを食べる目的で訪れている。その仕掛けは「言葉の力」にあったらしく、オヤジギャグからのネーミングで成功した実体験のユーモアあふれる講演に感動しました。

コメントは受付けていません。