Twitter
外部リンク
サイト管理者
和束町 竹内きみ代
t-kimiyo@mta.biglobe.ne.jp
バックナンバー 2008年 8月 15日

戦後63年を迎えた本日、大変厳しい暑さの中、相楽支部の街頭演説を行いました。南山城村から出発し、和束町、旧加茂町、旧山城町、木津川市、精華町とまわり、途中手を振って激励をいただきありがとうございました。

8月15日は、すべての戦争犠牲者の方々に祈りをささげ、「不戦への誓い」「平和への誓い」を新たにする日であります。

昭和20年8月6日と9日に広島と長崎に原爆が投下され、約30万人以上の方々が犠牲になり、終戦を迎えました。いわゆる太平洋戦争によって、国内においては約310万人、アジア諸国においては1500万人とも2000万人とも言われる膨大な犠牲者を見たのであります。

わが日本国憲法には、軍国主義と決別し、平和国家として出発した戦後の初心がうたわれています。二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。尊い生命を根本につくられた憲法の恒久平和主義を、どこまでも発信しなければなりません。

公明党は、これまでこうした平和創出の取り組みを、粘り強く実践してまいりました。

これからも、わが国が国際平和協力のため貢献してまいります。