Twitter
外部リンク
サイト管理者
和束町 竹内きみ代
t-kimiyo@mta.biglobe.ne.jp
バックナンバー 2008年 3月 14日

万葉の歌人に「清澄の里」と詠われた奈良・高樋町・・・ここは昔ながらの田園風景が、今なお残る和束町とよく似た里でした。

この地で、奈良の伝統野菜を主にしたメニューに大変新鮮さを感じました。山と野菜の持つ文化が伝わるような、また、どの野菜もすばらしく立派な大きなものに感動しました。

田舎で生まれた「元気ビジネス」成功例として、徳島県の上勝町、三重県の伊賀の里のモクモク手づくりファーム、そして清澄の里「粟」での活動。

今、私たちの町でも、きれいな茶畑が京都府の景観資産第1号に認定されたこの時、地域おこし・まちづくりに取組んでいきたいと数名のメンバーで頑張っています。