バックナンバー 2012年 3月

かねてより工事中であった倉の前・網の浦地区のゲリラ豪雨に対処するポンプ場が3月10日に完成した。(平成22年9月一般質問で町の対策を質した)

従来は、時間当たり35ミリの雨量に対応できる側溝等の排水設備であったが、近年には時間当たり50ミリを越えるゲリラ豪雨が多く発生するようになった。

ここ数年で、倉の前地区・網の浦地区などで、ゲリラ豪雨による雨量の排水対応ができず、床下浸水等の被害が発生していた。このポンプ場は、ゲリラ豪雨等、時間当たり50ミリの雨量に対する排水能力を備えているものである。

時間当たりの排水能力は1,620トンを処理します。

通学路の危険な場所の改善を推進してきました。

建設当初より「新宇多津橋」はさぬき浜街道として番の洲工業地帯への毎日の通勤交通量は、宇多津町内で一番多い場所である。

しかも、子どもたちの通学路であるにもかかわらず橋上には、車道と歩道の境界には安全な柵が設けられていなかった。

保護者からの要望もあり、このほど長年の訴えが実を結び3月14日に完成した。

これで一つ危険な場所が改善されました。車には気をつけて通学を。

4日心配された通り朝から細い雨が降ってきた。

気温も下がり少し寒い、悪天候にもかかわらず多くの方が訪れてくれた。

主催者によると、初日に約14,000人。2日目は降ったり止んだりの悪天候のなか、約6,000人もの来町をいただいて大盛況。

「お接待の心」で接した役員や古町の皆さん、ボランティアの方々に「お疲れ様でした」と

感謝・・・感謝・・・。

 3月3日~4日  第9回「うたづの町家とおひなさん」開会

初日の天候が近年に無く「快晴」で、午前中より多くの方に来町いただいた。

明日の天候は下り坂にようであるが、実行委員の皆さんのご苦労に感謝しながら、雨の降らないことを祈る。

 

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
宇多津町 青木義勝
y-aoki3sora@mx82.tiki.ne.jp