2月10日

岐南サミット2日目、  岐阜城(稲葉山城)より

現地研修

海抜329メートルの金華山、山頂の岐阜城より眼下を望む、斎藤道三の夢のあと、織田信長との戦など、遠く想いは戦国時代へ。

四方八方が一目瞭然、まさに日本国の真ん中か、ここで周りを見渡すと日本国を統制していると感じるのは私だけではないと思う。

素晴らしい眺めである。

下山後、長良川を利用して栄えた岐阜の町並みを地元町歩きボランティア「信長殿」の案内で

見学、木材が豊富な地域として栄えた「格子」を使った「景観重要建造物」の指定を受けた町家など。美しい町並み保存に感銘した。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
宇多津町 青木義勝
y-aoki3sora@mx82.tiki.ne.jp