沖縄県議会議員 公明党県副幹事長 金城ヤスクニ(泰邦)

「沖縄県議会議員 金城ヤスクニ 議会活動報告会」を開催しました。

未分類 / 2019年11月23日

FB_IMG_1574312945342
FB_IMG_1574312982443
FB_IMG_1574312960606
2019年11月20日
浦添市社会福祉センターにて「金城ヤスクニ議会活動報告会」を開催させて頂きました。
ご来賓で 太田昭宏 公明党全国議員団会議議長(元国土交通大臣)や、松本哲治浦添市長も御越しいただき、3人のトークセッションも行いました。
当日まで多くの公明党議員や学会同志の皆様、地域の通り会や中高同窓有志の会の皆様、本当に沢山の皆様のご協力を頂き、無事成功裡に終えることが出来ました。
皆様のご厚意にお応えするべく、一層精進して参ります❗
誠にありがとうございました。

首里城火災 説明会で、再発防止へ第三者委員会の設置を県に提案

未分類 / 2019年11月23日

_20191123_080818
「2019年11月23日付 公明新聞」より

 沖縄県議会は22日、首里城火災に関する説明会を開催した。各会派代表質疑で、公明党の金城泰邦議員が登壇した。

 金城議員は、再発防止のため、火災の分析と管理体制などを客観的に調査する第三者委員会を県に設置するよう提案した。謝花喜一郎副知事は「再発防止の観点から極めて重要で、検討したい」と答えた。

 また、首里城公園内の売店経営者から観光客の客足が激減した影響を聴取したことに言及。金城議員は「検証作業の段階を見て、公園内の規制線の解除を急ぎ、集客を促すべき」と述べ、首里地域の関係者に目を向けた対策の必要性を指摘した。

 県側は、警察や消防と連携し、規制の解除に努める考えを示した。

『幼児教育無償化に関する実態調査運動』実施中・2

未分類 / 2019年11月18日

1574000413178

11月17日(日)
今日は立党の日です。
公明党は「大衆と共に 大衆の中へ」
今日も一日、地域で活動に励んで参りました。
金城大輔 浦添市議の紹介で、幼児教育無償化に関するアンケート調査のため、2児のお子様を保育園に通わせているご家族のお宅に伺わせて頂きました。
幼児教育無償化の恩恵で、子どもへの新たな習い事や家族旅行の計画など、夢のあるお話を聴くことが出来ました❗

#幼保無償化 #声を聴く運動

「幼児教育無償化に関する実態調査」運動 実施中

未分類 / 2019年11月17日

『幼児教育無償化に関する実態調査』運動 実施中

11月16日(土) 公明党が全国で取り組んでいる、幼児教育無償化に関する実態調査をスタートしました。

認可外保育園を営んでいる事業主様より、今年10月にスタートした幼児教育無償化で、現場ではどのような反響があるのか。

認可外保育園では、現場で子どもたちの対応をしながら、一方で求められる事務的な書類への対応が、かなり負担になっている状況が分かりました。

また、市町村で清算方法や清算期間にばらつきがあることも分かりました。

実態調査を通して、幼児教育無償化における今後の改善策が、一つ一つ浮かび上がるような今日の現場視察でした。

#幼保無償化 #声を聴く運動
15739152636151573915261128

首里城再建で菅義偉官房長官に要請をしました。

未分類 / 2019年11月9日

line_51712742033236
line_51711299444903line_51708881678237
line_51700765573448
昨日、2019年11月8日(金)
内閣総理大臣官邸で、菅義偉官房長官に首里城の再建に向けての要請をさせて頂きました。

沖縄の声を直に聴いて頂きたい、とのご配慮で、公明党沖縄21世紀委員会の 斉藤鉄夫 委員長や、文部科学部会の 浮島智子 部会長や、国土交通部会の 岡本三成 部会長、秋野公造 沖縄方面副本部長と共に、地元代表で金城勉県本部代表と一緒に参加させて頂きました。

首里城の再建計画や、予算・人材及び資材の確保などの支援依頼もさることながら、再建に当たっての正殿や南殿・北殿などの復元のみならず、故・白保台一衆院議員がずっと関わってきた「中城御殿」や「御茶屋御殿」も含めて、国の公園整備としての一体的な面整備の検討を、金城勉県本部代表から伝えて頂きました。併せて、首里地域の皆さんへの配慮や、再建整備の過程における「見える化」で、観光経済的な側面からの支援も要請させて頂いております。

菅義偉官房長官からは「沖縄県や関係者の皆さんと協力しながら政府としてしっかり進めさせて頂きたい」とのご返答を頂きました。

今後もあらゆる角度から、公明党のネットワーク政党としての強みを活かして、ウチナーンチュの思いに寄り添った首里城再建の取り組みに、全力で取り組んで参りたいと思います。

有機フッ素化合物「PFOS」の原因究明と早期対応を国に求める

未分類 / 2019年6月20日

6月19日 沖縄県で検出された有機フッ素化合物(PFOS等)について、かわの義博参院議員とともに、宜野湾市議団(岸本一徳・伊波一男・真喜志晃一)の皆様と国会要請を行いました。

厚生労働省では 大口善徳副大臣が対応して頂き、厚生労働委員会でのかわの義博参院議員への答弁にもあったように「来年4月までに水道水中濃度の目標値を示す」にあたり、「7月2日に開かれる有識者会議『水質基準逐次改正検討会』で議題に正式に取り上げ、科学的知見で検証していく」旨の回答を頂きました。

環境省では 勝俣孝明大臣政務官が対応して頂き、「厚労省の目標値設定後に取り組むのでなく作業を短縮化するため並行して進めていく」旨の回答を頂きました。

最後の防衛省では 原田憲治副大臣が対応して頂き、厚生労働省が目標値を設定することはこれまでの状況とは違う、という前提で「厚労省がまず基準を設定すればそれに基づいて対応することが出来る」旨の回答を頂きました。
さらに、米軍ではPFOSを含む消火剤からPFOSを含まない消火剤へと切り替えが進められており契約まで終了している旨の進捗の報告も頂きました。

かわの義博参院議員と各省庁の大臣クラスとの突っ込んだやり取りで、今までより一歩踏み込んだ回答を得られたことに、かわの義博参院議員の頼もしい姿を垣間見ました。

これからも、沖縄県の課題解決と県民の豊かな暮らしのため、かわの義博参院議員の力も借りて、精一杯頑張って参ります!FB_IMG_1560983446146 FB_IMG_1560983461710

沖縄西海岸道路浦添北道路Ⅱ期線が2020年度事業化へスタート❗

未分類 / 2019年3月14日

ー2019年3月13日付け「沖縄建設新聞」1面よりー

昨年2018年3月に暫定2車線で開通した、西海岸道路「浦添北道路」。2019年の6車線化に向けて、沖縄総合事務局で開かれた2019年3月11日の 学識経験者などから意見聴取する「社会資本整備審議会道路分科会沖縄地方小委員会」にて、「計画の事業化が妥当」と判断された。今後は、月内に開かれる国交省の社会資本整備審議会道路分科会で計画が妥当と承認されれば来年度に事業化される。

総工費は280億円。6車線化で国道58号や浦添北道路の渋滞緩和が期待される。

浦添北道路2期線の事業化スタート

浦添北道路2期線の事業化スタート

~県 バス通学費の無料化へ調査~ 一昨年の約束が実現へ

未分類 / 2019年2月6日

~県 バス通学費の無料化へ調査~ NHKニュースより

一昨年、当時 高校生だった長女より、バス賃の工面で苦労する同級生の話を受けて約束した「バス賃無料化」が実現へー

昨日のNHKニュースで、H31年度の県予算に高校生のバス賃無料化に向けた調査費が盛り込まれたことが紹介されました。

昨年、H30年度はひとり親の高校生にバス賃半額がスタート

いよいよ、H31年度は「高校生のバス賃無料化」への提案が実ろうとしています。

以下がNHKニュースの内容です。↓

『県教育庁は、中高生の通学費の負担軽減策を検討するため、県立高校に通う生徒4万人余りを対象に、通学費がどの程度負担になっているのかを把握する実態調査を行うことを決め、必要な予算1800万円を来年度の当初予算案に盛りこみました。

中学生と高校生のバスの通学費をめぐっては、玉城知事が、去年の県知事選挙の際、無料化することを公約として掲げましたが、県は、生徒の通学手段や、費用がどの程度負担になっているかなどの実態を詳しく把握できていませんでした。

このため、県教育庁は新年度、県立の全日制と定時制の高校に通う生徒全員を対象に、通学の交通手段や費用に関するアンケートを行うことを決めました。

調査の対象は、4万人余りとなる見込みで、県は、調査の委託費用などとして、およそ1800万円を来年度の当初予算案に盛り込みました。

また、中学生についても今後、市町村と連携しながら実態を把握する方法を検討したいとしています。

県は今年度から、経済的に厳しい「一人親家庭」の高校生を対象に、バス通学の費用の一部を補助する措置を始めていますが、県教育庁は、アンケート調査をもとに、再来年度以降、さらなる負担軽減策を検討していきたいとしています。』

 

高校生バス賃無料化に向けた調査費が盛り込まれた

「ひとり親家庭の高校生にバス通学費用を補助する事業」の申請始まる

未分類 / 2018年7月13日

いよいよ、今月18日から「ひとり親家庭の高校生にバス通学費を補助する事業」の申請受け付けが始まります。
今日の琉球新報に掲載されてますので、該当する方はお見逃しなく申請を!またお知り合いに該当する方がいれば情報を伝えて頂ければ、と思います。
昨年の県議会代表質問等で公明党会派として提案・要望した事業。
対象者にもれなく行き届くよう、更なる後押しを推進して参ります。

ひとり親家庭の高校生にバス通学費用を補助する事業

ひとり親家庭の高校生にバス通学費用を補助する事業

沖縄県より日米地位協定比較調査報告を受けました。

未分類 / 2018年6月9日

6月6日、公明党21世紀委員会日米地位協定検討WT主催で沖縄県より日米地位協定比較調査報告を受けました。ドイツ・イタリアの地位協定と日米地位協定を比較し、受け入れ国の主権の在り方が大きく違うことにあらためて認識を深める機会になりました。今後は、沖縄県の想いをどうやって全国に共有していくか、これからの進め方が重要だと感じます。

1528273041815

沖縄県より日米地位協定比較調査報告を受けました