沖縄県議会議員 公明党県副幹事長 金城ヤスクニ(泰邦)

首里城再建で菅義偉官房長官に要請をしました。

未分類 / 2019年11月9日

line_51712742033236
line_51711299444903line_51708881678237
line_51700765573448
昨日、2019年11月8日(金)
内閣総理大臣官邸で、菅義偉官房長官に首里城の再建に向けての要請をさせて頂きました。

沖縄の声を直に聴いて頂きたい、とのご配慮で、公明党沖縄21世紀委員会の 斉藤鉄夫 委員長や、文部科学部会の 浮島智子 部会長や、国土交通部会の 岡本三成 部会長、秋野公造 沖縄方面副本部長と共に、地元代表で金城勉県本部代表と一緒に参加させて頂きました。

首里城の再建計画や、予算・人材及び資材の確保などの支援依頼もさることながら、再建に当たっての正殿や南殿・北殿などの復元のみならず、故・白保台一衆院議員がずっと関わってきた「中城御殿」や「御茶屋御殿」も含めて、国の公園整備としての一体的な面整備の検討を、金城勉県本部代表から伝えて頂きました。併せて、首里地域の皆さんへの配慮や、再建整備の過程における「見える化」で、観光経済的な側面からの支援も要請させて頂いております。

菅義偉官房長官からは「沖縄県や関係者の皆さんと協力しながら政府としてしっかり進めさせて頂きたい」とのご返答を頂きました。

今後もあらゆる角度から、公明党のネットワーク政党としての強みを活かして、ウチナーンチュの思いに寄り添った首里城再建の取り組みに、全力で取り組んで参りたいと思います。