沖縄県議会議員 公明党県副幹事長 金城ヤスクニ(泰邦)

有機フッ素化合物「PFOS」の原因究明と早期対応を国に求める

未分類 / 2019年6月20日

6月19日 沖縄県で検出された有機フッ素化合物(PFOS等)について、かわの義博参院議員とともに、宜野湾市議団(岸本一徳・伊波一男・真喜志晃一)の皆様と国会要請を行いました。

厚生労働省では 大口善徳副大臣が対応して頂き、厚生労働委員会でのかわの義博参院議員への答弁にもあったように「来年4月までに水道水中濃度の目標値を示す」にあたり、「7月2日に開かれる有識者会議『水質基準逐次改正検討会』で議題に正式に取り上げ、科学的知見で検証していく」旨の回答を頂きました。

環境省では 勝俣孝明大臣政務官が対応して頂き、「厚労省の目標値設定後に取り組むのでなく作業を短縮化するため並行して進めていく」旨の回答を頂きました。

最後の防衛省では 原田憲治副大臣が対応して頂き、厚生労働省が目標値を設定することはこれまでの状況とは違う、という前提で「厚労省がまず基準を設定すればそれに基づいて対応することが出来る」旨の回答を頂きました。
さらに、米軍ではPFOSを含む消火剤からPFOSを含まない消火剤へと切り替えが進められており契約まで終了している旨の進捗の報告も頂きました。

かわの義博参院議員と各省庁の大臣クラスとの突っ込んだやり取りで、今までより一歩踏み込んだ回答を得られたことに、かわの義博参院議員の頼もしい姿を垣間見ました。

これからも、沖縄県の課題解決と県民の豊かな暮らしのため、かわの義博参院議員の力も借りて、精一杯頑張って参ります!FB_IMG_1560983446146 FB_IMG_1560983461710