バックナンバー 2010年 8月

岡本真夜さんら日韓6組が出演 友好の歌声響かせ

日韓の有名ミュージシャンが共演する「対馬ちんぐ音楽祭2010」が本日夜、対馬市美津島町の対馬グリーンパークであった。会場には約千人の観客が集まり、手拍子をしたり体を揺らしたりしながら聞き入っていた。

日韓400人が朝鮮通信使行列を再現

厳原町で本日、厳原港まつり対馬アリラン祭のメーンイベント「朝鮮通信使行列」があった。日韓両国の計約400人が朝鮮の民族衣装や武士姿で対馬藩宗家の城下町を約1.7キロ練り歩き、時代絵巻を華やかに再現した。

対馬市が検討委員会を設置 市民協働を推進 12年度施行を目指す

対馬市は本日、市の基本理念や市政運営の在り方を定める「対馬市市民基本条例(仮称)検討委員会」の初会合を市役所で開きました。同様の条例は全国の自治体で制定の動きがあるが、県内の市町では初めて。

同条例の制定は、まちづくりや地域課題への対応について、市民と行政の役割と責任を明文化し、両者の協働を進めることなどが目的。2001年に北海道のニセコ町が初めて施行しました。条例は現在、全国自治体の10分の1に当たる約180カ所で定めているが、県内21市町では制定されていません。

同検討委は学識者や地区長、市民団体の代表ら計20人で構成。初会合では九州大大学院の加留部貴行特任准教授を委員長に選任し、財部市長が各委員に委嘱状を手渡した。加留部委員長はあいさつで「市全体の将来を見据え、市民が主役となる条例を考えよう」と呼び掛けました。

同検討委は11年夏までに今後7回開く予定。地域住民との意見交換会やパブリックコメント(意見募集)も実施し、同年9月までに市長への提言書として取りまとめます。市は同年12月の定例市議会に条例案を上程し、12年度からの施行を目指します。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
対馬市 黒田昭雄
kuroakinori0428@gmail.com