Twitter
外部リンク
サイト管理者
豊田市 小島政直
masanao@hm.aitai.ne.jp

2015 議場 0022月22日(金)10:00~平成時代最後となる「3月豊田市議会定例会」が開会しました(閉会日は3月19日(火)です)。

市営住宅ストックを有効に活用し、真に住宅に困窮する人に対して的確に住宅を供給するために、「入居期間制度」を導入するとともに、「連帯保証人制度の緩和」「入居者の義務規定を追加」する「豊田市営住宅条例の一部を改正する条例」等の改正条例議案、学校施設の安全安心を確保し、学習環境の改善を図るために全小学校の普通教室に空調設備を取得する「財産の取得」に関する議案、整備都市計画道路「高橋細谷線」の道路改良事業の推進を図るため、一級河川安永川の改修工事に合わせて、安永川の橋梁を新築する「工事請負契約の締結」に関する議案、など、執行部から提出された議案第1号から58号までを慎重に審議していきます。  

また、3月議会は予算議会といわれる通り、平成31年度の豊田市一般会計や豊田市国民健康保険特別会計をはじめとする各特別会計、豊田市水道事業会計の当初予算案件も議案として上程されてます。平成31年度の当初予算が住民福祉の向上のため適切に計上されているかどうかについても厳正に審議をしていきます。

僕は今議会、公明党豊田市議団を代表して、太田市長の施政方針に対し、代表質問に望みます。日時は2月25日(月)の15:00頃から16:20頃迄の予定です。 ご都合の良い方、興味のおありになる方はどうぞお気軽に傍聴にお越しください。ケーブルテレビ(ひまわりネットワーク)121チャンネルとFMラジオ(FMとよた)78.6MHzでも内容が生中継されますので、ご視聴頂ければ幸いです。

代表質問の内容は、、(1) 太田市長の政治姿勢について①市長にとっての市民の存在とは  ②機関・組織の見直し  ③SDGsと第8次とと多死総合計画  (2)支え合いの地域共生社会の実現にむけて①健康で活力ある生涯活躍の仕組みづくり  ②高齢者クラブとシルバー人材センターへの支援  ③地域共生型社会システムの構築  (3)豊田市独自の魅力創出にむけて①多様な地域資源を活かした観光・産業の振興施策 ②職員の働き方改革 ③山村地域の振興施策 ④農業労働力不足の解消と農業振興施策 ⑤成長分野、産業型農業の推進への取組 ⑥自然災害発生時における豊田市民の安全確保 (4)次代を担い、築く子どもたちの育成のあり方~児育成促進の考え方①安心して産み育てられる環境づくり ②保育需要への対応 ③放課後児童クラブの方向性 ④ICT環境整備及び授業の研究・研修 ⑤保育学校現場における体調管理への取組 ⑥学校における癌教育推進への取組 (5)平成31年度当初予算の基本方針と財政運営①平成31年度当初予算に対する市長の思い ②市債等による財源確保の状況 ③財源確保と事業・事務の最適化の方策 全21項目です。

豊田市民の住民福祉を図るため、安全・安心・安定・快適な豊田市を構築するため、そして、未来の宝である子どもたちが豊かな人間性を育くんでいける環境を整えるため、全力で質問に臨みます!頑張ります!!

 

コメントは受付けていません。