Twitter
外部リンク
サイト管理者
豊田市 小島政直
masanao@hm.aitai.ne.jp

Archive for 2013年 12月

本日、10:00~高岡コミュニティセンターにおいて、「高岡ふれあいバス」新車発表会が行われ、来賓として参加致しました。

「高岡ふれあいバス」は、名鉄バス路線が廃止されたために、公共交通空白地域となった地域住民の声を聞き、地元の各自治区が「ふれあいバス運営協議会」を立ち上げ、交通事業者と行政との三者によって、平成12年9月から運航されているバスです(東海3県で初の、自治体ではなく、地元住民組織が主体となったバスの運行)。

新車のバスは、定員35人、低床のバリアフリー対応で、車いすの人も乗車が可能になります(今までは、マイクロバスでした)。 試乗しましたが、以前のマイクロバスより振動は小さく、乗り心地はとても良かったです。

また、公募により選ばれたバスのデザイン(中学3年生の作品)は、地域の「川」「田園」「花」等、自然をイメージした、ローカル色?豊かなものとなっており、「地域に根差した、乗ってみたいバス!」に仕上がっていました。

運行開始から早13年。 地域住民の方々の多大なご理解とご協力、「ふれあいバス運営協議会」に携わった方々のご苦労とご尽力に、心から感謝を申し上げます!

中学生以上200円、小学生100円、未就学児は無料です。 皆さんも一度、乗ってみて下さい!

皆さん!今晩は!今日も一日、忙しかった!

その合間を縫いまして、「こじま政直 立て看板」の「証票」の取り換えを行いました。

市議会議員は、政治活動のために使用する事務所等に、登録してある氏名を記載した立て看板を掲示することができます(候補者等で6か所・後援団体等で6か所)。

しかし、立て看板を掲示するには、市の選挙管理委員会が発行する「証票」の貼付が必要となります。

「証票」は4年間の期限付きであるため、現在の「証票」は25年12月31日で無効となってしまいます。そのため、先日、平成29年12月31日まで有効な「証票」 を選挙管理委員会に申請し、本日、無事、取り換えました。

「こじま政直 立て看板」の設置に際し、一つ返事で快く承諾して頂き、設置をさせて頂いている皆さまに心から感謝をしております!

皆さまの思いを五体で受け止め、そして、ご支援を頂いている皆さまにお応えできるよう、これからも頑張って参ります!

皆さん!今晩は!

本日10:00~13:30にかけ、「ジョイナスたかおか(知的障がい者の自立支援を目指し社会福祉法人 豊田市育成会が運営している事業所)」の第10回地域交流会が開催され、参加してきました。 

「ジョイナスたかおか」は、一般社会で雇用されることが困難な障がい者に働く場を提供し、一般就労を視野に入れた生産活動を通して、働くことの歓びや楽しさを学べるよう支援するとともに、地域社会や地域住民と積極的に触れ合うことを通して、利用者の幸福に寄与することを目的としている事業所です。
現在、18人の方々が障がいを乗り越え…社会的自立を目指し活動しています…。 様々な課題がありながらも、皆さんの一生懸命さと笑顔に勇気をもらいました!

僕も、頑張りま~す!

 

皆さん!今晩は!

本日、17:45~T-FACE B館1F東側広場 シティプラザにて、年末年始を安全に過ごしていくため、啓発活動を通じて防犯意識の高揚を図ることを目的とした「豊田市防犯ネットワーク会議」主催の「年末防犯キャンペーン」が行われたため、セレモニーと街頭啓発活動に参加しました。

豊田市内では、昨年と比べて犯罪は減少しているものの、発生件数は依然として県下ワースト上位にあります。特に、市民にとって身近な犯罪である「住宅対象侵入盗」と「自動車関連窃盗」は県下ワースト3位(10月末現在)となっています。

豊田市防犯ネットワーク会議の井原邦和会長、豊田警察署の山口署長等の挨拶の後、豊田市参号館前広場に移動し、防犯啓発活動を行いました。

「自分の地域は自分たちで守る」との思いで、市民が協力して、年末年始を安全に過ごしていきたいものです。

寒かったです…。 イルミネーションが…もう少し…かな…。