Twitter
外部リンク
サイト管理者
豊田市 小島政直
masanao@hm.aitai.ne.jp

皆さん今晩は!本日、9:00~17:30にかけ、名古屋市中区のダイテックサカエビルにおいて、防災士の資格を取得するため研修講座を受講しました(明日も研修講座を受講し、その後、資格取得の試験に臨みます)。

防災士とは、「社会の様々な場で減災と社会の防災意識の啓発、防災力の向上に努め、その活動が期待され、かつ、そのために十分な意識・知識・技能を有するものとして、NPO法人日本防災士機構が認定した人」のことです。

防災士に期待される役割は、大きく分けて次の3つがあります。

①災害時の、公的支援が到着するまでの被害の拡大の軽減。

②災害発生後の被災者支援の活動。

③平常時の防災意識の啓発、自助・共助活動の訓練。

東海地震の30年以内に発生する確率は88%。東海地震が発生した場合、東南海、南海地震も連動して起こるといわれています。また、豊田市は「猿投~高浜断層帯」による地震発生も危惧されています。

いつ起こるかわからない地震。その地震から、大切な自分の命、家族の命、地域の方々の命、豊田市民の命を守るために、今回受講して身に付けた様々なことを「草の根」の対話から発信し、大きく広げていきたいと思っています。

明日の資格取得試験…頑張ります!

コメントは受付けていません。