Twitter
外部リンク
サイト管理者
豊田市 小島政直
masanao@hm.aitai.ne.jp

Archive for 2012年 3月

皆さん今晩は!本日、26日間にわたり審議を尽くした豊田市議会3月定例会が閉会しました。

①低炭素社会の推進に向けた知識の習得、情報交換及び交流の場を提供することにより、市民生活の低炭素化の推進及び交流の場を提供することにより、市民生活の低炭素化の推進並びに低炭素化に関する産業の育成及び振興を図るため、旧加茂病院跡地に低炭素社会モデル地区施設を設置し、低炭素社会の実現に役立つ事業や情報を提供するための「豊田市低炭素社会モデル地区施設条例」や、緑あふれる良好な都市環境の形成に向け、特に中心市街地における緑化推進に取組み、市の緑化地域における建築物の緑化率等の最低限度の設定等をし、緑あふれる都心を目指すための「豊田市緑化推進条例」等の新規議案。

②救急需要の増加に対応するため、中消防署逢妻出張所を逢妻分署へと組織改正し、このことにより救急車1台を追加し、豊田市で火事馬手救急車2台が同時に出動可能となったり、職員の増員や管轄区域の変更がなされる「豊田市消防本部等設置条例の一部を改正する条例」等の一部改正条例の議案。

③東日本大震災の影響や昨今の想定を超えた円高の進行による厳しい財政状況を踏まえ、最小の経費で最大の効果を挙げることを念頭に置き、対前年度比0.3%減、総額1,586億円の予算を計上した「平成24年度 豊田市一般会計予算」に関するの議案。

等、全73議案を慎重に審議し、議決しました。

「豊田市低炭素社会モデル地区施設条例」について、少し意見を述べさせてもらいます。

地球温暖化防止に向け対策を講じていかなければならない中、環境モデル都市である豊田市は、低炭素社会の実現に向け、様々な事業を展開し、その成果を収めていかなくてはなりません。「低炭素社会・実証の見える化」「低炭素な取組みへの理解と促進」「環境・エネルギー分野のビジネス展開」を豊田市民のみならず、国内外に発信し、PRして行くことが必要であると考えます。このモデル地区がその一翼を担うことを強く望むものであります。

また、来年度より、児童・生徒のさらなる理解力の向上、教師の指導力の向上や学習指導の効率化を図るため「小学校、中学校の教師用デジタル教科書」が導入されることになります。

①教科書の内容をより分かりやすく提示できる。 ②表示を柔軟に変えることにより授業が深まる。 ③紙の教科書では表現できなかった内容を盛り込むことができる。 等の特徴、効果が見られる「デジタル教科書」ですが、問題は、教師の力量にあります。教師もデジタル機能に得手、不得手があると思いますので、そのことによって、児童・生徒に「差」が出るようなことがあってはなりません。クラス間、学校間で格差が生じないように、しっかりと研修、情報交換を行うことを望むものであります。

さて、3月議会は「予算議会」とも言われるように、来年度の予算を審議していきました。その中で、昨年の9月議会の一般質問の際、「防災基本条例の制定」と「自主防災マップの作成」を提言しましたが、来年度の主要事業に位置づけられ、予算が計上されました!

皆さん今晩は!以前よりご案内をしておりましたが、以下の2点を平成23年9月議会の一般質問にて提言致しました。

① 東海・東南海・南海地震を含めた地震、台風、ゲリラ豪雨等、いつ起こるかわからない様々な災害が発生した時に、「災害に強いまち豊田市・支え合いのこころがあるまち豊田市・防災に特化しているまち豊田市」を構築していくために『防災基本条例』を早急に制定すること。

② 地域で「一人ひとりをどのように支援していくのか」ということを組み立てていくには、地元の同意を得て、モデル的に関係者が入り込み、地元の人と一緒に作り上げていくことが効果的であるため『要援護者支援のための自主防災マップ』を作成すること。

その結果、平成24年3月議会において、『防災基本条例の制定』『防災マップの作成支援』が平成24年度の主要事業に位置付けられ、予算計上されていましたが、本会議にて議案が可決され24年度中に事業展開されることになりました!

これからも全力で頑張ってまいります!

皆さん今晩は!昨夜18:00~19:30にかけ、名古屋市中区の伏見ライフプラザ:鯱城ホールにて「公明党 防災・減災ミィーティングが開催され参加してきました。

東海防災・減災力UPプロジェクト本部長:伊藤 渉 前衆議院議員の挨拶のあと、DVD上映(東海地方に迫る巨大地震)、名古屋市消防局防災室長 木全氏挨拶、名古屋大学減災連携研究センター教授 福和氏の講演 と有意義な時間を過ごしました。

東海地震を始め、東南海、南海地震は周期的に発生しており、近い将来、必ず発生することを改めて学習しました(東海地震は30年以内に発生する確率は88%)。

ではどうするか!自助力を強化することが、まず重要になります。①家屋の耐震化②家具の固定③食料と水の確保④非常持出品の準備⑤避難所の確認 等々を家族で今一度確認し合うことから始めることから始まります。

公明党は、大切な命を守るために「地域防災・減災ミィーティング」を愛知、三重、岐阜、静岡の4県の各市町で開催し、3連動地震に備えるべく「東海:防災・減災力UPプロジェクト」を推進していきます!

皆さん今晩は!地元の若林西小学校、若林東小学校の卒業式に来賓として参加させて頂きました。本日、豊田市内では4340名の児童が卒業され、4月からは中学生として、新しい扉を開かれ前へ進んで行かれます。みんな!頑張ってくださいね!!

さて、14:00~15:00にかけ、愛知厚生連の足助病院本館東棟の改築工事現場を視察してきました(第1期工事はまもなく完了。第2期工事は今年の12月頃完了予定。外溝工事等を行い平成25年5月ごろ竣工の予定)。

ロビー、フロアー等、間接照明が施され、壁は腰板。全体的に「ここって病院なの?」と思わせるぐらい、優しく、柔らかい雰囲気を感じさせてくれます。病室は4床室が中心ですが(2床室の予定あり)、モデルルームを見てびっくり!入口にはトイレが…。便器には背もたれが装着されていました。座ってみましたが男性にはちょっと…。

足助病院は、豊田市の中山間地域における、へき地医療の拠点病院として重要な役割を担って頂いております。また、病院施設としての機能は医療行為に限らず、施設を地域住民の利用のために開放し、地域の活性化を促す中心施設として重要な役割を果たして頂いております。

これからの時代、病院は、医療だけにとどまらず、「介護、福祉、保険、そしてコミュニティ作りを支える施設、地域住民の憩いの場」としての機能を備えていることが望まれてくるのではないかと考えます。その先駆けとなるのが、足助病院であると僕は確信しています!

 

 

 

 

 

 

皆さん!おはようございます!あの3.11東日本大震災から1年が経ちました。
誰もが皆、「支え合う心」という日本人の持っている美しい心を再確認した1年であり、誰もが皆、今、各々の立場で自分にできることを懸命に行った1年だったと思います。
しかしながら、岩手県、宮城県、福島県では未だに約5万戸に約12万人の方が仮設住宅で生活をされており、約34万人もの方が全国に散って避難生活をされている現状がある等、復興はまだまだ遠いところにあります。

「対応が遅すぎた政府」「被災者軽視が甚だしかった政府」であることを改めて感じている一人です。
3.11を決して風化させてはならない。「支え合う心!」を一人ひとりが最大限に開花し、「支え合う日本!」を構築してい行かなければならない。

そのために、自分の立ち位置で精一杯頑張ってまいります!
豊田市議会では3月定例会開会中(3月1日~26日)、弔意を表すため、議場の国旗に弔旗を掲げています。

皆さん、今晩は! 本日9:10~我が母校である豊田市立高岡中学校第65回卒業証書授与式が行われ、来賓として豊田市教育委員会 笠井教育長と共に参加しました。
市議会議員となって以来、毎年度参加させて頂きますが、毎回、大感動の卒業証書授与式です(式場の体育館に花粉が飛んでいるわけではありませんが、鼻と目が…)。
振り返ってみますと、僕は37年前の第28回卒業生。中学時代は柔道部に所属していましたので、柔道一筋の3年間でした。来年度から中学校の学習教育指導要領の改訂で武道が必修科目になり、柔道の危険性で物議をかもしています。豊田市教育委員会としても、授業の内容や教師の指導、環境整備等に万全を尽くす旨の説明がありましたが、柔道を始めて1年余りで初段が取れた僕に言わせて頂ければ、「受け身」を完璧に身体で覚えることが一番重要なことと思います。
今年度は133名(豊田市全体では4,140名)
が卒業され、それぞれの「道」に羽ばたいていきます。133名の皆さんの前途に栄光があらんことを強く!強く!祈っております!!
65回もの卒業授与式を迎えた伝統ある高岡中学校。今まで18,156名の方々が高岡中学校から巣立っていかれ、様々な分野で活躍されておられます。卒業生の一人として誇りに思っています。多くの卒業生の皆さんに負けないよう、僕も頑張ってまいります!
卒業生と在校生が合唱した「さよなら友よ」には大感動でした!

皆さん今晩は!豊田市議会3月定例会が開会中の本日、公明党豊田市議団を代表し、太田市長の施政方針、笠井教育長の教育行政方針に対して、約40分間の代表質問に立ちました(代表質問は会派構成人数の多い順に発言順位と時間が決められています。私たち公明党豊田市議団は豊田市議会の会派構成3会派の中では第3会派になりますので、発言順位は3番目、発言時間は40分です。第1会派は1番で60分。第2会派は2番で50分。市長に対し一括質問後、市長が一括答弁。その後、教育長に対し一括質問後、教育長が一括答弁。)。

太田市長に対しては「豊田市の8代目市長として、多くの先陣、市民のその思いを懐に収め、次の目標である市政施行70周年を展望し、この不確実で不透明な時代、この難局を乗り越え、「真面目に実直に生きている人、また、子どもからお年寄りの誰もが安心して暮らせ、安定して生活ができる豊田市」「安全・安心で勢いのある豊田市」を構築するためにどのように努力をし、42万人余の豊田市民にこたえていくつもりなのか」という趣旨で、19項目にわたり、
そして、笠井教育長に対しては「社会のために教育があるのではなく、教育のために社会があるべきであり、かけがえのない子供たちを最優先する社会を構築していかなくてはならない。誰もが自分らしく生きることができる社会を構築するためには、教育の深さこそが一人ひとりに幸福をもたらし、明るい社会を築くことにつながるものと考える。次代を担いゆく、未来の「宝」である子ども達を如何に育んでいくのか」という趣旨で12項目にわたり質問をしました。

太田市長に対する18項目の質問内容・答弁の抜粋 

Q、真面目に実直に生きている人、子どもからお年寄りの誰もが安心して暮らせ、安定した生活ができる豊田市をつくり、不確実で不透明な時代、難局を乗り越え、市民の期待にどう応えていくのか?

A、浮足立つことなく着実に足場を固めることと、豊田市の強みを生かし将来に備えることにメリハリをつけ市政を推進することが大切である。他市と比較し誇れる「市民力」「地域力」「企業力」という底力を生かした取り組みを推進することが小島議員の言われる「真面目に実直に生きている人、子どもからお年寄りの誰もが安心して暮らせ、安定した生活ができる豊田市をつくる」ことにつながるものと考えている。

Q、今までの発想を転換し、従来の施策のはざま、隙間を埋めていくことが必要であると感じている。「孤立防止」、「相談体制」、「地域参加」、「生活支援」など、地域における保健・福祉サービスの充実や社会福祉事業への住民参加の促進が重要である。「支えあう地域社会の形成づくり」のための、「新しい保健・福祉行政への取組み」についてどのように考えるか

A、福祉の分野においては、従来から「自助」「共助」「公助という考えがあるが、行政による「公助が拡大するにつれ、「自助」「共助」の役割が減り、その大切さが意識の中で薄れてきていた感は否めない。小島議員の指摘の通り、保健・福祉分野においては、様々な課題が多様化・複雑化する中で、高齢者・障がい者を地域で見守り・支え合う体制づくりや、地域ぐるみでの健康づくりなど、地域を基本とした施策展開を進め、その中で「自助」「共助」「公助」を上手く連携させた仕組みづくりを取り入れていきたいと考えている。

 

笠井教育長に対する12項目の質問内容・答弁の抜粋 

Q、明日の豊田市、日本を担う子どもたちを全力で育み、誰からも信頼される立派な大人にしていかなくてはならない。「知・徳・体のバランスの取れた力を育む教育」について、どのように取り組んでいくのか?

A、何よりも学校、家庭、地域と大人が総がかりで子どもを育てていくという前提を再確認し、それぞれの立場で何ができるか、何をセナ場ならないかを明らかにしていく必要があり、教育委員会は、そのコーディネーターの役割を果たしていきます。

Q、学校、保護者、地域は対等であり、子どもたちのために協力し、手を結んでいく関係でなければならない。「学校教育力の弱体化と保護者・地域との連携」ついて、どのように考えるか?

A、学校、保護者、地域の連携推進は極めて重要な課題としてとらえている。そのために学校は、教育方針、児童生徒の現状や課題等を保護者や地域に向け十分に発信する努力、保護者や地域ニーズ・評価を的確に把握し、それにこたえる努力が必要である。さらに、地域に根差した特色ある学校づくりを進め、そこに保護者や地域の方が参画できる仕組みづくりが重要と考えている。

尚、一般質問の内容は3月9日(金)21:50頃から、ケーブルテレビ(ひまわりネットワーク)121チャンネルで録画放映がされますので、ご都合がよろしければご覧頂ければと思います。

本日、10:00~豊田市議会3月定例会が開会しました(閉会日は3月25日(月)です)。

「豊田市低炭素社会モデル地区施設条例」「豊田市緑化推進条例」の新規条例を始め、小学校の教師用のデジタル教科書を導入する等の「財産の取得」に関する議案など、執行部から提出された議案第1号から71号(3月議会は予算議会と言われるように来年度の当初予算(一般会計:1,586億円 特別会計:588億7,882万円 企業会計:290億9,158万円)についても審議します)を慎重に審議していきます。

僕は公明党豊田市議団を代表して太田市長の施政方針、笠井教育長の教育行政方針に対し、代表質問に立ちます。日時は明日2日(金)の15:00頃から16:20頃迄です。ご都合のよい方、興味がお有りの方はどうぞお気軽に議場にお越しください。尚、ケーブルテレビ(ひまわりネットワーク)121チャンネルとFMラジオ(FMとよた)78.6MHzでも一般質問の内容が生中継がされます。ご視聴頂ければ幸いです。

代表質問の内容は、1)太田市長に対しは①太田市長の政治姿勢 ②「子どもを産み育てやすい環境整備への取組み」他7項目 ③「快適で利便性の高いまちづくりへの取組み」他6項目 ④「行財政改革の更なる推進」他5項目 ⑤「平成24年度当初予算:支出の快適化への取組み他3項目 
2)笠井教育長に対しは①「教育行政計画をどのように評価するか ②「知・徳・体のバランスのとれた力を育む教育」他7項目 ③「不登校、引きこもり対策への取組み」他4項目です。頑張ります!