Twitter
外部リンク
サイト管理者
豊田市 小島政直
masanao@hm.aitai.ne.jp

Archive for 2011年 9月

本日、26日間にわたり審議を尽くした豊田市議会9月定例会が閉会しました。

①市民が安心して平穏に暮らしていける生活を確保するための「豊田市暴力団排除条例(市や市民、事業者が一体となって暴力団の排除を推進し、市民生活や事業者の活動を守るために、市からの暴力団排除に関する基本理念を定め、市と市民等の責務を明らかにして、市が暴力団排除のために実施する施策の基本事項を定めたものです)」の新規議案。

②市民の健康保持と医療体制の充実を図るために、豊田地域医療センターに統合画像管理システム等を購入することや、教育環境を整備するため、小中学校の老朽化した机と椅子を更新する等の「財産の取得」に関するの議案。

③豊田市立野見小学校の教育環境を整備するために、校舎を増築する等の「工事請負契約の締結」の議案。

等、全18議案と平成22年度の一般会計を始めとする各会計の決算承認案件を慎重に審議し、議決しました。

「豊田市暴力団排除条例」に関して少し意見を述べさせてもらいます。

 

まず、平成22年10月に制定され本年4月1日に施行された愛知県の暴力団排除条例は、豊田市が処理する事務や施設利用を既定の対象とすることができません。そのため県条例制定時に愛知県警察本部、豊田警察署から、同様な条例を制定するよう要請があったという経緯があります。

市の事務事業や市が設置した公の施設の利用における措置の際に、申請者等について警察署に照会することで、暴力団であるか否かの確認でき、暴力団であった場合には排除措置を行っていくこと、また、緊急を要する場合には警察の協力を要請することができ、適切な対応がとれることなど、警察との連携で市民生活の安全と平穏の確保が可能となって、事業活動の健全な発展に寄与することができるようになります。この点を評価したいと思います。

ただ、条例を施行する際には、対処の方法をよく研究したマニュアルを作成して、対応する職員についてはトラブルにならないよう、しっかりと研修を行い、万全な体制を敷いて安心・安全なまちづくりを市民との協同で推進していくことを望むものです。

本日、10:00~豊田市議会9月定例会 生活社会委員会及び予算決算委員会 生活社会分科会が南71委員会室にて開催されました。

常任委員会は、本会議場ではなく、委員会室で開催されています(南71委員会室は議会運営委員会、常任委員会、全議員協議会、議員研修会等で使用されています)。

委員長が不在のため、豊田市議会委員会条例第15条及び予算決算委員会運営容量第3条第5項の規定により、副委員長の僕が委員長の職を代行しましたが、初めての経験でしたので大変に緊張し、汗だくになりながらの議事運営でした。

委員の質疑と執行部の答弁が噛み合っているか、意図している内容と異なっていないか等、双方の言葉に耳を傾け、議事運営に努め、特に問題なく無事終了。ホッとしています。良い経験をさせて頂いたことに感謝!です。

さて、強い台風15号が、明日の明け方から昼ごろにかけ豊田市に接近してきます。台風情報にくれぐれもご注意頂き、万全な備えをとって頂くようお願い致します!豊田市を含め、各地で大きな被害が出ないことを祈る次第です。

台風12号の時と同じように、またまた防災服を用意し、何か声がかかれば、いつでも飛び出せる準備だけはしておきます。これもまたまた今晩は眠れない夜になりそう…。

 

豊田市議会9月定例会が開会中の本日、「災害時要援護者の避難・救済支援」について、約60分間の一般質問に立ちました。

5月12日、愛知県立三好養護学校、豊田市立豊田養護学校に通うお子様の保護者6人の方々と意見交換をした際、様々ご意見を頂きましたので、その一端ではありますが、他の質問事項と合わせ、今回、その保護者の方々の思いを代弁させて頂きました。

17項目の質問と2項目の提言をした中で、執行部の前向きな答弁は

①要援護者の避難支援プランの作成…「モデル地区で作成し、全市的に展開していく」

②要介護高齢者や障がい者が利用している居宅福祉事業者との連携…「事業者との仕組み作りに取組んでいく」

③地域支援者研修の実施…「研修会の開催はできないが、災害時要援護登録者支援行動マニュアルの簡易版を作り、要援護者、地域支援者に配布していく」

④指定避難場所における福祉避難室の確保…「状況に応じて、随時、居住空間を確保していく」

⑤防災基本条例の制定…「防災基本条例制定の意義はあるが、今後の研究課題としていく」

でした。これからも市民の皆様のご意見を市政に反映するべく、頑張って勉強してまいります!

一般質問の内容は9月10日(土)21:10頃から、ケーブルテレビ(ひまわりネットワーク)121チャンネルで録画放映がされます。

さて、昨日の一般質問の答弁で鈴木市長は「自らの分として、3期までとの思いから、次期市長選に立候補しない」と4期不出馬を表明されました。

僕としては予測はしていたものの「政治家としてやり残したことがあると思うので、もう1期お願いしたかった」というのが率直な気持ちでした。

僕たち庶民の思いに素直に耳を傾けて頂いたのが鈴木市長でした。

そして行動に移して頂いたのが鈴木市長でした。

とても残念な思いですが、鈴木市長におかれましては、残された時間を思う存分、「真っ白な灰になるまで完全燃焼!」して頂きたく思います。

本日、10:00~豊田市議会9月定例会が開会しました(閉会日は9月27日(火)です)。

「豊田市暴力団排除条例」の新規制定を始め、豊田市立野見小学校校舎増築工事や豊田市営美和住宅建築工事等の「工事請負契約の締結」、豊田地域医療センター統合画像管理システム等の「財産の取得」に関する議案など、執行部から提出された議案第81号から98号までを慎重に審議していきます。

9月議会は決算議会といわれている通り、平成22年度の豊田市一般会計や豊田市国民健康保険特別会計を始めとする各特別会計、豊田市水道事業会計の決算案件も上程されていますので、22年度予算が住民福祉の向上のため充分に執行されたかどうかについてもしっかりと審査していきます。

また、僕の一般質問は6日(火)11:00頃から約60分間にわたり行いますので、ご都合のよい方、興味がお有りの方はどうぞお気軽に議場にお越しください。ケーブルテレビ(ひまわりネットワーク)121チャンネルとFMラジオ(FMとよた)78.6MHzでも一般質問の内容が生中継がされます。ご視聴頂ければ幸いです。

一般質問の内容は、台風やゲリラ豪雨等の災害、そして東海地震・東南海地震・南海地震の3連動地震の発生がクローズアップされている中、また、猿投~高浜断層帯による直下型地震の発生も忘れてはいけない中で、災害弱者といわれている「災害時要援護者の避難・救済支援」について17項目の質問と2項目の提言を行います。

災害時には一番弱い立場にある人に対して、一番配慮をしながら対策を進めていくことが重要であると思っています。最も弱い立場にある人々に対して、どのような支援が必要かなのか。支援の質、量、そして体制の組み方等、要援護者を軸とした対策をしっかり立てていけば、そこにおのずと健常者である住民の支援も見えてくるのではないかと僕は考えています。その思いを行政執行部に訴えていきます。頑張ります!

大型で強い台風12号が近づいていますので万全な備えをとって頂くようお願い致します!豊田市を含め、各地で被害が出ないことを祈る次第です。

台風の影響で4日(日)に小原地区で行われる予定だった市民防災総合演習が中止になってしまいました。参加するつもりでしたが残念です。

台風6号の時と同じように防災服を用意し、何か声がかかれば、いつでも飛び出せる準備だけはしておきます。またまた今晩は眠れない夜になりそう…。